体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「マンガで企業ロゴを描いたら本当にクレームは来るのか?」佐藤秀峰インタビュー:マンガ業界の自主規制とマンガ家の反抗 <前編>

shuho

『海猿』や『ブラックジャックによろしく』を生み出したマンガ家・佐藤秀峰先生。現在は『週刊漫画TIMES』にて『特攻の島』の連載と、オンラインコミックサイト『漫画 on web』の運営を行っています。ガジェット通信ではたびたび秀峰先生へのインタビューを行っていますが、今回はマンガ業界の“自主規制”について語っていただきました。

ききて:
ふかみん(=深水英一郎/ガジェ通発行責任者)
レイナス(ガジェ通新人記者)

青年誌はパンチラが必須

ふかみん:
やっぱり青年誌特有の編集部から漫画家への要望ってあったりするんですか?

秀峰先生:

『海猿』の頃は「パンチラを描け」ってやたら言われましたね。僕は無意味なパンチラは嫌いなので、自分でブリーフを履いてギュッと引き上げたのを写真で撮って、それをトレースして「オラァ!オレの股間でヌキやがれ!」みたいなことを思いながらパンツ描いたりしてましたねぇ。編集部がうるさいんですよ(笑)。レスキュー漫画でパンチラとかストーリーと関係ないじゃないですか。「そんなことを頑張んなきゃダメですか?」と思うんですけど、「それが大事なんだ」と言われて。パンチラを描くかどうかで5時間も6時間もモメたくないんですよね。適当に折れて「そんなに言うなら描きますよ」って言うんだけど、ちょっといじわるするっていう繰り返しで(笑)。

ふかみん:
ズボン脱いでパンツ姿を自分で撮ってるのもちょっと悲しいですけど。

秀峰先生:
そうですねー。当時、現像に出してましたからねぇ……。

ふかみん:
ちょっ! 現像出してたんですか、自分のハイレグ姿をカメラ屋さんに(笑)。

秀峰先生:
(笑)。

マンガでロゴを描いたら本当に企業からクレームは来るのか?

秀峰先生:
編集部からの指示が本当に細かいんですよ。『白木屋』の看板が描いてあると、「もし『白木屋』からクレームがきたらどうするんだ」とか「ちょっともじった違う字に変えてくれ」とか。

ふかみん:
“百木屋”になってたりとかね。なんか意味わかんないですけどマンガって大概そうなってるじゃないですか。リアリティを追求した作品でもそうなっているものもあって、でもそれ必要あるんでしょうか。

秀峰先生:
編集部によって判断が違いますね。その辺りはモーニング編集部は寛大なところがあって、「街並に看板が映り込んでいたらそれも景色なんだから描くべきでしょう」みたいに言うんですよね。小学館はもう「変えてくれ」みたいな感じでしたね。担当編集者の度量にもよるかもしれません。

ふかみん:
冷めちゃうんですよね、あれ。

秀峰先生:
テレビ本体を描いた時に、そこに『SONY』っていうメーカー名のロゴを入れたら、それを“SOMY”でもなんでもいいから変えろって、原稿を渡したあとに校了で引っかかって描き直したことが何回かあるんですよ。それも「くだらねー」と思ってたんで、毎回テレビとか描くたびに、途中からぜんぶ“SEX”とかですね、そういう“ウンコ”、“チンコ”みたいな下品な言葉をロゴでデザインして、テレビの下に入れるようにしてるんです。

本当に載ってた

ふかみん:
余計あかんでしょ(笑)。

レイナス:
それは引っかからないんですか?

秀峰先生:
編集者に「チッ!」とか言われますけど、まぁ載るんですよ。で、どこまでいけるのかなと思って、入院してる主人公が病室で雑誌を読んでるんですね。その雑誌に「ヤンマガ」って描いたんですよ。『ヤングサンデー』で連載してるのに。それは載りましたね。「“ヤンマガ”はありか」と思って(笑)。色々そういうことしてましたね(笑)。

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。