ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

スマホ連携で行動軌跡を3Dマップに表示できるソーラーウォッチ 『セイコー プロスペックス』新製品『ランドレーサー』を6月9日に発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スマホ連携で行動軌跡を3Dマップに表示できるソーラーウォッチ 『セイコー プロスペックス』新製品『ランドレーサー』を6月9日に発売へ

セイコーウオッチは、スポーツウォッチ『セイコー プロスペックス』シリーズの新製品『ランドレーサー』3機種を6月9日に発売します。

prospexlr2

スマートフォンとBluetoothで連携し、ユーザーの行動軌跡を専用アプリに記録できる『フィールドログ』機能に対応。記録した軌跡は3Dで『Googleマップ』に重ねて表示することができます。この“3Dトレースログ”はSNSなどで共有が可能。

prospexlr3

本体のボタンを押すと、絶景ポイントやルートの分岐点など任意の地点をログポイントとして記録でき、ログポイント間の距離や標高差、移動の所要時間が表示可能。

prospexlr4

フィールドログの記録中に撮影した写真をタイムラインに貼り付けられる機能があり、トレースログと写真で1つのログ当たり最大12時間の旅行記を作成することができます。

prospexlr5

prospexlr6

本体にはスマートフォンの位置情報とウェザーニューズ社提供の天気情報から現在地の天気予報を表示できるほか、日の出入りや月の出入りの時刻、月齢、潮回りを表示する『こよみ情報表示機能』を搭載。フィールドセンサーにより登山やアウトドアで役立つ高度・気圧・温度・方位の計測ができます。ソーラーセルは光の強さを感知して、現在の発電レベルを10段階で表示。20気圧の防水に対応し、ラフティングなどのアクティビティにも対応可能。

通常モデルはケースが赤の『SBEM001』、黒の『SBEM003』の2製品をラインアップして、価格は5万円(税別)。

prospexlr7

マウンテンバイク・ダウンヒル競技で2015年ナショナルランキング1位の井本はじめ選手とコラボレーションしたスペシャルカラーの限定モデル『SBEM005』も1000本限定で発売。価格は5万2000円(税別)です。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。