体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】『美女と野獣』大ヒット記念上映会に山崎育三郎らが登場 「野獣」対決で盛り上がる

bb4

5月10日、全国公開中のディズニー映画『美女と野獣』の大ヒットを記念し、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて記念イベント上映会が開かれた。同作に吹き替え声優として出演している藤井隆を司会に、お笑い芸人の斉藤慎二(ジャングルポケット)、横澤夏子が登場。さらに日本語吹き替え版でベル役と野獣役を担当した昆夏美と山崎育三郎がサプライズで会場に現れ、4人による『美女と野獣』大熱唱が繰り広げられた。

動画・『美女と野獣』大ヒット記念イベントに山崎育三郎、昆夏美らが登場!

bb10

ル・フウ役の声を担当した藤井は、お調子者のル・フウよろしく「ずっと手カンペを読んでいてすいません」など、随所で観客の笑いを誘っていた。

横澤&斉藤がテーマソングを熱唱

bb2

『美女と野獣』の見どころは何と言ってもミュージカルナンバー。ゲストの二人が『美女と野獣』日本語ヴァージョンを熱唱しながら登場すると、会場は大きく盛り上がった。鮮やかな黄色いベルのドレスに身を包んだ横澤夏子が最初に登壇すると、すかさず青い王子の衣装を身にまとったジャンポケ斉藤がステージに現れた。かなり息のあった歌唱で見事にデュエットソングを歌い上げ観客を魅了する。 

『美女と野獣』が大好きだという二人。劇中の楽曲『朝の風景』を即興ミュージカルで披露する場面も。そんな二人に対して、司会の藤井が様々なトークを振っていく。

横澤:大好き過ぎて来た。ベルになりたい、ベルが憧れの女性。黄色い服を着たらベルっぽい、というベルになりたい願望を持つ人も増えている。

斉藤:音楽から感情がバンバン伝わってくる。既に3回みたが、まだ吹き替えの方は満席で見れていない。

bb1

藤井:お気に入りのキャラクターは?

横澤:ポット夫人。お母さんの役割をしているようで、優しく包み込んでくれる。いつも涙ポロポロ。

斉藤:僕はガストン。イケメンだけど、愛がちょっと歪んでいるというか、うまく伝えきれない。本当の愛を知らないんじゃないかな? そういう部分に興味が湧きますね。

藤井:映像の美しさについて。好きなシーンは?

横澤:お料理がいっぱい出てくるシーン。本当にドキドキ、ワクワクする。まるでディズニーランドに行っているかのような感じがする。私も歌いたい! という気分になっちゃいますね。  

斉藤:映画を見る料金で、ディズニーランドを楽しめると言いますか。

藤井:ボールルームのシーンなどもいいですよね。

斉藤:ボールルームのシーンが本当に良い。踊るシーンが一番感動するシーン。

1 2次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。