ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私はホントに花粉症? 病院でスクラッチテストをしてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

いよいよ花粉シーズンが本番ですね。しかし、自分が本当に花粉症かどうか、をちゃんと知らない人も、案外多いような気がします。
「鼻も目もかゆいしこれって花粉症だよね!」「あー、今年も花粉きたっぽい……」私も毎年そう思い、市販の鼻炎カプセルやアレルギー用目薬を使い続けていました。

でも、本当に花粉症かどうかわからないまま、鼻炎カプセル飲み続けるのもなー、と“なんとなく花粉症”を卒業するべく病院で調べてみたところ、私は花粉症ではありませんでした。簡単な検査で調べられるので、気になる人は病院に問い合わせてみましょう!

スクラッチテストで簡単にアレルギーがわかる

私が行ったのは“スクラッチテスト”という検査方法。その日すぐ行いたかったので、近所の病院に電話で問い合わせると「今日できますよー」とのこと。そのまま病院に行きました(ちなみに耳鼻科・眼科)。

スクラッチテストでは、腕の内側にアレルギー物質のエキスを1滴たらし、針でつつきます。使ったエキスは刺激に対する反応を見る対照液(生理食塩水)を含むダニ、イヌの毛、猫の毛、カビ、スギ、マツ、カモガヤ、ブタクサなどの15種。15分後に赤みや腫れがあれば陽性というシンプルなものです。検査中の15分、私はただ両腕をひじまでまくって座っているだけです。

開始2分でみるみる赤くなり、腫れ上がったのが“ダニ”! 蚊に刺されたときみたい。その後、“対照液(刺激反応)”“シルク”にも反応がありましたが“スギ”“マツ”“カモガヤ”“ブタクサ”などの花粉症系は赤くもならず、かゆくもなんともない。
……あれ? 私、もしかして花粉症じゃないの?

花粉症はシロでした

検査後、先生の説明によると「私は花粉症ではない」とのこと。しかし刺激に弱く、ダニやホコリにはアレルギー反応が出てしまう体質なので、ホコリっぽい春先はむずむずしたり、かゆくなったりしがちなのだそうです。
これはマスクやゴーグルをして直接吸い込まないことで回避可能。部屋の掃除をするときや、衣替えの際も注意しなさい、とのことでした。ちなみに、その日の診察代は初診料込みで4000円ちょっとでした。ご参考までに。

春先、眼や鼻の症状がある=花粉症! と決まったわけではないので「自分は本当に花粉症なのか?」と疑問に思ったらアレルギーのスクラッチテストを実施している病院に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「相澤マイコ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。