ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

富士フイルムからオシャレすぎるチェキスクエア『intax SQUARE SQ10』が発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
img_0262

こんにちは、ガジェット通信の森あんなです。

今回ご紹介するのは富士フイルムさんから2017年5月19日に発売された新製品『instax SQUARE SQ10』です。

instaxチェキシリーズ初のスクエアフォーマットで、フィルムサイズが86×72㎜となっていて、従来のフィルムサイズが86×54㎜と、横幅が広くなり、可愛らしいカタチになりました。

筆者も実際に手にとってみましたが、従来のフィルムと比べると写真がよりオシャレにみえる気がしました。

大きな特徴として、撮影時と撮影後、両方のタイミングで画像を調整・加工が可能になり、フィルター・明るさ・ビネットと自分好みの画像編集が手軽になりました。

img_0264

撮影後にはトリミングも可能になり、拡大・移動をする事もできます。
本体にmicroSDカードが入るようになり写真の保存も可能になり、好きな写真を選んでプリントが出来るので、撮影に失敗しても大丈夫です。

img_0263

何度でもプリントが可能な為、複数人にシェアもできるようになりました。

また、instaxシリーズに初めてデジタル撮像モジュールを搭載し、自動露出調整、人物検出、オートフォーカスといった新機能を備え、室内などの暗い場所や逆光下、10cmまでの近距離撮影でも簡単にイメージ通りの写真が撮影できるとのことです。

従来のチェキカメラでも充分素晴らしく、楽しめていましたが、更にできることが増え若者だけでなくチェキ使用者が増えそうですね!

実際に『instax SQUARE SQ10』を使用してみて軽いので持ち運びも便利ですし、その場で加工もできるので楽しく、どんどん写真を撮ってしまいました。
また、カメラ本体もオシャレなので持っているだけで気分も上がり楽しくなります。
失敗した!と思ってもプリントしなければ良いので自分の納得いくまで写真を撮り続けることも可能です。
オシャレに撮りたい!という気持ちも強くなり、筆者『instax SQUARE SQ10』を手に入れて只今勉強中です(笑)

是非皆様も『instax SQUARE SQ10』お試しください。

(森あんな)
―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信』

カテゴリー : ガジェ通 デジタル・IT タグ :
森 あんなの記事一覧をみる ▶
森 あんな

記者:

タレント・モデル・アイドルプロデュースをしつつ只今ライター修業中の23歳。ライター業界に新風を吹き込みます。よろしくお願いいたします。

ウェブサイト: http://getnews.jp/anna

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。