ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

認知行動療法に基づく無料カウンセリングサービス「Pogor」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
pogor_1心配事を解決するのに、最も手っ取り早い手段は、誰かに相談すること。これが簡単なようで、案外難しい。近しい人に話すと笑われそうだし、かといってプロのカウンセラーに相談するほど、大ごとではなかったりもする。

そんなとき、利用してみたいのがこの「Pogor」。ちょっとした悩み事を相談できる、無料のカウンセリングサービスだ。

・メッセンジャーボットを利用した簡易カウンセリンサービス

pogor_2「Pogor」の正体は、メッセンジャーボット。心を楽にするために、物事の受け止め方や考え方に働きかける認知行動療法(CBT)をベースに構築されている。科学的に認められたこの療法は、精神疾患に対する治療と再発予防の効果があり、近年は心療内科を中心に導入する施設が増加している。

「Pogor」に組み込まれたアルゴリズムは、非常にベーシックで、1つの相談に対して基本的な質問を繰り返していくもの。その聞き方は、とてもユーモラスで、相談者を笑わせながら、心の解放へと導いていく。

「その程度で大丈夫なの?」と、思う人もいるだろう。これが不思議なもので、質問に答えていくだけで、心はどんどん軽くなり、しまいには不安から解放された自分がいるのだという。

・日常のちょっとしたお悩み解決に活用

もちろん、この手法がすべてのユーザーに当てはまるわけではない。体全体に影響を及ぼすようなストレスなら、当然専門家に相談すべきだ。しかし、毎日の暮らしの中で湧き上がるちょっとした悩みなら、解決できる可能性は高い。

人間は生きている限り、日々ささいな不安を抱えている。それに対処しきれなくなるほど大きくなる前に解消しようというのが、本サービスの主旨だ。遠慮せずに活用してみよう。なにしろ、料金はタダなのだから。(ただし、英語であることをお忘れなく)

Pogor

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。