体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【最強ラーメンFes,】GWは美味しいラーメンと無料ライブをエンジョイしたらいいじゃない

さて、東京都の町田シバヒロで開催中の『最強ラーメンFes,』も、いよいよ最後の第六陣となりました。

というわけで、今回はゴールデンウィークに予定がない人には最高のスポットとなる『最強ラーメンFes,』を紹介してみましょう。

町田駅から近いので電車でOK!

ゴールデンウィークは何処に行っても渋滞したり混んだりするものですが、この『最強ラーメンFes,』は町田市と言う微妙な街で開催されているので、さして混雑する事はありません。

また、駅からも近いので車を出す必要がないので渋滞に巻き込まれる事もないのでオススメで御座います。

芝生なので心地良い!

町田シバヒロは名前の通り芝生の広場なので、地面からの照り返しがソフトで炎天下でも過ごしやすいです。

また、芝生なので風が吹いても埃が立ちにくいので、屋外ラーメンイベントの会場としては最高のロケーションとなります。

トイレも簡易トイレの他に、町田シバヒロのトイレが使えます。

大型のテントは雨だけではなく、強い日差しもシャットアウト!

全国から集まった有名店の宴!

『最強ラーメンFes,』はその名の通り、世界最大規模のラーメンフェスでして、ラーメン10店舗が毎週入れ替わり、計60店舗が出店します。

また、同時開催の『ギョーザ&半チャーハンFes,』も同じ場所で開催される為に、ギョーザ3店舗に半チャーハン1店舗も毎週入れ替わりで出店しています。

ですので、最後の第六陣も全国からブッ濃いメンツが集まっていて、ラーメンマニア的には見逃せないイベントになっています。

今回はノー・トッピングガールズFTTBで、筆者が食べて来たラーメンを真面目にレポートしてみましょう。

『くり山』

『くり山』と言えば、つけ麺でしょうか?

今回、メニューもそのまま“つけめん”とシンプルな感じですが、それだけ自信があるという事だと思います。

味的には豚骨魚介系となっていて、またお前か感は否めませんが、実はかなり動物系の出汁がガツンと来るので、ひとくちに豚骨魚介系つけ麺で語れない深さがあります。

甘さも控え目で野菜による自然な甘さ、風味があるのでスープとしては動物系出汁のボディが強い感じでしょうか?

“こぶ粉”を混ぜたとされる『くり山』の自家製麺も美味しいので、つけ麺好きなら必食の一杯だと思います。

ちなみに店主は『東池袋大勝軒』出身で、あの山岸一雄氏の最後の内弟子となり、『くり山』の製麺機は山岸氏から譲り受けた物を使用しています。

まさに山岸イズムを継承する『くり山』の自家製麺は、つけ麺マニアからの評価も高いです。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。