ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

賃貸のためのスマートホームシステム「IOTAS」が全米で拡大中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

iotas_1IoTの発達により、急速に進む住宅のスマートホーム化。これを賃貸で実現しようという動きが、日本国内であることは、以前テッカブルのインタビューでもお伝えした。

一方、IT大国アメリカでは、賃貸のスマートシステムがすでに普及しているという。急成長中のスタートアップ企業IOTASによるもので、ポートランド、サンフランシスコを中心に、数百もの新築マンション・アパートで展開中だ。

・憧れのスマートホームを賃貸で実現

iotas_2同社が提供するのは、社名と同じスマートホームシステム「IOTAS」。不動産開発者やオーナーシップグループと直接提携することで、導入規模を拡大してきた。

システムはユニット1つあたり、最大30個のデバイスで稼働。ドアのロックや照明の切換え、セキュリティなど、一般的なスマートホームに見られるほとんどの機能を持ち合わせており、おなじみのネストをはじめ、Amazonエコー、Googleといったサードパーティーにも対応している。

「IOTAS」システムは、居住者の日常行動や習慣を学びながら、個々に合った環境をカスタマイズしていく。気になる光熱費の管理もばっちり。エネルギー使用量に関する知識を蓄積し、そのデータに基づいて、居住面積と電力料金の削減を自動化する。

・全米各都市で拡大中

iotas_3ユーティリティの制御は、モバイルアプリを介し、住人または不動産管理者がダイレクトに行う。事前準備は、専用アプリのダウンロードのみ。入居と同時にこれらのシステムを、利用できるようになっている。引っ越し先が「IOTAS」導入マンションであれば、アプリのリインストールは不要。ところ変わっても今までと同じように、スマートホームライフを満喫することができる。

ダラス、ヒューストン、アトランタ、シカゴ、フィラデルフィア、コスタメサ、オマハなど、全米各都市にじわじわと浸透し続ける「IOTAS」。停滞する賃貸不動産業界の突破口となるか、要注目だ。

IOTAS

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。