体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先行配信】映画『ノー・エスケープ 自由への国境』アルフォンソ&ホナス・キュアロンインタビュー動画到着! 「犬を入れるのは父のアドバイスを聞き入れなかった」

DESIERTO

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『トゥモロー・ワールド』『ゼロ・グラビティ』など数々の名作を送り出しているアルフォンソ・キュアロン。彼が息子のホナス・キュアロンの脚本を見て瞠目し、「とても面白いコンセプトだ。私もこんな映画を作りたい」として送り出されたのが『ゼロ・グラビティ』だということは映画ファンにはよく知られたところ。そんなホナス・キュアロンの初監督作品『ノー・エスケープ 自由への国境』が2017年5月5日に全国公開となります。

『ガジェット通信』では、アルフォンソ&ホナス父子のインタビューを先行入手。メキシコ=アメリカ間の移民問題にいち早く目をつけ、構想8年をかけて完成したという本作の制作のプロセスや見どころをいち早くお伝えします。

【先行公開】『ノー・エスケープ』ホナス・キュアロン監督インタビュー – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=mASlVQUz6vI [リンク]

【先行公開】『ノー・エスケープ』アルフォンソ・キュアロン インタビュー – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=pWCIaWvTzF4 [リンク]

Noescape_02

「砂漠を宇宙に置き換えて撮られたのが『ゼロ・グラビティ』。その撮影の合間にロケ地を探した」というホナス。監督だけでなく、脚本、編集、プロデューサーまで務めたことについては「脚本家として何度も書き直し、現場でも変える。物語を書き換える最後のチャンスの編集も自分にとっては大事。プロデューサーは務めたくなかったが、初監督作品だから他の人には任せられなかった」と語ります。

その上で、「ラパスカスの砂漠での撮影では蛇がいるし、熱も埃もすごい。あのロケ地が一番大変だった」と告白。制作プロデューサーを務めた父のアルフォンソは、そんな息子の監督ぶりに「ホナスが僕が好きな監督達の撮り方に影響を受けているのを観るのは嬉しかった」とメキシコ映画の巨匠ギレルモ・デル・トロやアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの名を出しながら語り、ホナスにはあまり力み過ぎないようにと言ったんだ」と言うものの、「僕たちの関係は対等な二人のコラボレーションだった」と強調しました。

DESIERTO

主演を務めるガエル・ガルシア・ベルナル。「映画に携わって以来、ずっと彼と仕事がしたかった」というホナスは語り、『天国の口、終りの楽園。』でガエルを主演に起用しているアルフォンソも「ホナスが脚本を書き始めた頃からあったアイディア。ガエルとホナスは同じ世代で良い友だち。一緒に仕事をして素晴らしいコラボレーションだと思った」と話しています。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。