ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、偽ユース等の低品質コンテンツの検索ランキングを下げるアルゴリズム変更を実施、フィードバックツールも新たに提供

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google は 4 月 25 日、Google 検索で偽ニュースが蔓延することを撲滅するために低品質なコンテンツの検索ランキングを下げるアルゴリズムの変更を実施したと発表しました。これは根拠の無い、あるいは明らかに不正確な情報が検索ランキングの上位にランキングされることで、多くのネットユーザーに誤解を与えることを避けるために実施された変更です。Google は一部の検索クエリに対して提供される結果の上位が偽ニュース等の低品質なコンテンツで占めていることを危惧しており、アルゴリズムの変更のほか、「予期しない、不正確な、または不快な」検索結果に対して簡単にフラグを立てることができるフィードバックツールも新たに提供しています。Google の調査によると、検索の約 0.25% が検索結果の上位で攻撃的だったり、誤解を招くようなコンテンツを返すことが明らかになりました。偽ニュース等の蔓延は検索全体からするとごく小規模ですが、毎日のように Google を使用するアクティブユーザーにとっては重大なことです。Source : Google

■関連記事
「Xperia XZs」がSony Open Deviceプログラムの対象に追加、AOSPベースのROMが利用可能に
Galaxy Note 7Rは韓国で6月末に発売か?価格は3万円前後との噂も
OnePlus 5はデュアルカメラを搭載か?レンダリング画像が出回る

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。