ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【公務員組合VS大阪市民】大阪維新改革派の野村弁護士が市職員らから懲戒請求される ! あなたはどっち派?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
野村弁護士嘆願書

野村修也弁護士への懲戒処分に反対する「嘆願書」集めが始まりました。
http://jikiso.blogspot.com/2012/02/blog-post.html

加熱する、大阪市の「公務員組合問題」

大阪市の組合問題がヒートアップしてきています。
「市役所職員・組合の違法行為の調査」に対し、その対象である公務員組合側が異例のスピードで潰しにかかっているようです。

バッシングのターゲットとなっているのは大阪市の特別顧問である弁護士の野村修也氏。中央大法科大学院教授でもある野村氏は法令遵守(コンプライアンス)の専門家でもあり、郵政民営化や年金記録改竄問題の委員も務め、さらに福島原発の問題を暴くために組織された国会事故調のメンバーでもあります。

今回、野村弁護士は大阪市職員の勤務時間中の違法行為について調査をおこなっていました。その調査方法に問題があるとして、市役所職員(労組支部長)を代表者とする111名が第二東京弁護士会に懲戒請求をおこないました。

市役所職員・組合の違法行為ってどんなもの?

勤務中の違法行為って例えばどんなものでしょう。先月末、こういう事件が報道されていました。

「大阪市交通局 勤務時間中に組合活動 」(毎日放送、MBSニュース)
http://goo.gl/j25Tu

要約すると大阪市交通局の組合幹部が、勤務時間中に組合活動を行っている、ということが内部告発され、調べたらその通りだったという話です。

内部告発を受け「大阪維新の会」市議団が抜き打ちで訪問し調査したところ、勤務時間として報告されている時間帯に、組合の会議に出席していたとのこと。

このような問題が公務員の中で常態化していないか、公務員が法令を順守しているのかを調べようとしていたのが野村弁護士です。

違法行為の調査に反対する人たち

しかし組合側は猛然とこの調査に反対をおこなっており、マスコミ(=記者クラブ)も同調しています。組合活動を勤務時間中におこない、勤務していたとして勤務表につけていたとしたらそれは問題だと思うのですが。組合員の違法行為を問題とするのではなく、それらの問題を暴こうとする人物を攻撃する――実にわかりやすい話ではありますが、事態は調査に挑んだ野村弁護士の懲戒請求までおこなわれるというところにまで発展してしまっています。

あなたはこの問題、どちらが正しいとおもいますか?
懲戒請求のプロセスは通常2週間ほどで進んでしまうそうです。

調査をおこなった野村弁護士に問題があると考える場合は、このまま黙って見守っていれば懲戒請求のプロセスが粛々と進んでいくでしょう。

また逆に、野村弁護士側に正義があると考える場合は、懲戒処分に反対する「嘆願書」集めが始まっていますので、嘆願書に署名をおこなえば良いでしょう。嘆願書は3月5日まで、大阪市政の健全化を求める人であれば誰でも送ることができるそうです。

参考)
野村弁護士ツイッター
https://twitter.com/#!/NomuraShuya [リンク]

野村修也弁護士への懲戒処分に反対する「嘆願書」
http://jikiso.blogspot.com/2012/02/blog-post.html [リンク]

野村修也弁護士の懲戒を求める懲戒請求書
http://nakamaunion.jugem.jp/?eid=269 [リンク]

朝日新聞デジタル:野村弁護士の懲戒請求 アンケート問題で大阪市職員ら – 社会
http://www.asahi.com/national/update/0225/OSK201202240188.html [リンク]

深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。