体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】第1回フランス大統領選の夜…… パリで発生した大規模デモと暴徒化した群衆を同行ルポ

img_5336

2017年4月23日、フランス大統領選の1回目の国民投票が実施され午後8時に即日開票、中道系無党派のマクロン氏極右・国民戦線のルペン氏が決戦投票に進むことが即座に判明した。同刻、パリ・バスティーユ広場。フランス革命の中心地ともなった場所に筆者は赴いた。同地でバリケード封鎖をしよう、というビラを街中で目にしらからだ。本稿ではその夜、バスティーユ広場〜レピュブリック広場で繰り広げられたデモ隊と警察との衝突の一部始終をお伝えする。

極力写真を用いて出来事の解説はするが、最もよく雰囲気を再現しているのは動画である。かなり長いので3パートに分割したが、それでも長いのでとりあえずダイジェスト版の動画を見ると、事態の把握は容易になると思われる。

バスティーユ広場での衝突

paris04242

バスティーユ広場はパリで最も有名な広場の一つで、革命の中心ともなり近代『フランス』という国家の根幹に関わる極めて重要な場所である。同時に、現代でも様々なデモが開かれる事でも有名。広場の中心には現在工事中の巨大な記念碑がそびえ、モダンな歌劇場などが隣接する。世界のファッションの最先端を行くマレ地区もほど近い。

paris04243

開票速報が出た午後8時、歌劇場の階段には既に多数の人々で埋め尽くされていた。ラジオ放送やネットを通じてルペン・マクロン両氏の決選投票が判明すると、民衆は緑色のスモークを焚いて各々スローガンを叫び始めた。

paris04244

人集りの中心に行くと、そこにはギロチン台が。なんの説明書きも無かったのだが、革命期の恐怖政治の復活を暗示しているのかもしれない。

paris04245

だんだんと人々は道路を跨いで広場一帯に広がりはじめる。勿論デモに参加する人々は、単一の信条を持つ訳ではない。反EUから反レイシズム、反グローバリズム、アナーキストと様々である。しかし、体感としては「反ルペン・反マクロン」とどちらの候補も否定する若者達が多かったのは確実である。本稿では便宜上、彼ら今回の集会に参加した人々を「デモ隊」とまとめて呼称する。

paris04247

バスティーユの工事用柵にアナキズムのシンボル・サークルAの旗を打ち付ける若者たちとそれを撮影する取材陣。今回のデモは事前より非常に注目度が高く、数多くのメディアが駆けつけていた事も付け加えておきたい。

1 2 3 4 5次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy