体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

清楚系も良いけど、可愛い系も捨てがたい! そんなマツダ 旧型デミオの話

▲筆者の個人的ツボにハマる3代目デミオのデザイン。同じ価値観の人がいらっしゃれば幸いです

▲筆者の個人的ツボにハマる3代目デミオのデザイン。同じ価値観の人がいらっしゃれば幸いです

評価を集める「マツダデザイン」

2012年の初代 CX-5から始まった、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)」。今では“マツダらしい”と言えば通じてしまうほど定着したこのデザインについて、メーカーは次のように語っています。

“生命感をカタチにする、「魂動」。

生物が目標に向かって動き出す一瞬の強さや美しさ。それがマツダの考える究極のMotion Formです。

クルマをただの鉄の塊ではなく、まるで生き物のように生命感を感じさせるものにしたい。まるで意志を持って動き出しそうな緊張感と、体温を持ち呼吸しているかのような温かみをもった、生きたクルマをつくる。それが「魂動」デザインです。”

(メーカー公式Webより引用)

こんな素晴らしい理念で作られている最新のマツダ車。現に鼓動デザインは、凛とした顔つきにダイナミックなフォルムを併せ持った独特の美しさで、世界中の人々から認められています。

……しかし「最新のマツダ車」でなければ、デザインに魅力はないのでしょうか?

あえて、声を大にして言います。そんなことはありません! マツダの歴史を作ってきた旧型モデルにだって、デザインの魅力はたくさん詰まっています。

ただ、色味というか毛色が違うといいますか……例えるなら、男性が女性の好みを語る際、系統を分けるような。同じ美人さんなのですが、それぞれに差が出る“好み”に関わる部分のような。

そして、マツダ デミオこそ、そんな好みに沿った選び方をしてほしいと思うモデルなのです。現行型を「シュッとした清楚大人系」とするならば旧型は「丸顔・童顔可愛い系」でしょうか。

どちらも美人と称されるのですが、もしあなたの好みが後者であれば、旧型という選択肢もアリだと思うわけです。

▲こちらが現行デミオ。鼓動デザインが踏襲されています

▲こちらが現行デミオ。鼓動デザインが踏襲されています

今こそ伝えたい旧型の美

デミオは、誕生から数えれば20年以上というマツダのロングセラーモデル。ここでいう旧型とは3代目で、大きなダイエットを経てコンパクトなパッケージングとなったモデルです。

スリーサイズは、全長×全幅×全高=3885×1695×1475mm。メインターゲットもファミリー層から独身女性へと変更し、パーソナル化を図っています。

パワーユニットは、1.3Lと1.5Lの2本立て。どちらもDOHCで、1.3Lモデルには「ミラーサイクルエンジン」も用意されています。トランスミッションは、4ATと5MTに加えCVTを採用。7速CVTにエアロパーツや16インチホイールなどが装着されるスポーティなグレードも備え、2007年から2014年まで生産されていました。

で、肝心のデザイン。旧式モデル=古い車=デザインも古い=「ダサいんでしょ?」というのが多くの人の思考回路かと思いますが、決してそんなことはありません。

エクステリアは、RX-8と同じデザイナーが手掛けており、秀逸な仕上がり。盛り上がったフロントフェンダーや、スッと後ろに続くサイドのキャラクターラインが特徴的です。前・横・後ろの各面がバラバラにならないよう、ボディ四隅の処理には特にこだわりがあるのだとか。

現行型と比べれば陰影が少なく“ぽっちゃり”した印象ですが、実はサイズ感含めてスマートなんですよね。何ともいえないカタチです。

▲こちらが旧型デミオのフロントフェイス。何だか“笑い顔”のようにも見えて、筆者はめちゃくちゃ好みです

▲こちらが旧型デミオのフロントフェイス。何だか“笑い顔”のようにも見えて、筆者はめちゃくちゃ好みです

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。