ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Sony Ericsson、Android 4.0(ICS)のベータROMを公開(デモ動画、スクリーンショットあり)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Sony Ericssonが今後提供予定のAndroid 4.0(ICS)のベータROMを公開しました。前回のアルファ版と同様、今回のベータROMもオープンな開発コミュニティを継続的に支援する姿勢を示すことと、開発者からフィードバックを求めることを名目として提供されています。ベータROMはXperia arc S、Xperia neo V、Xperia ray用が公開されており、ブートローダーアンロック済み&「4.0.2.A.0.42」ビルドのソフトウェアを搭載した端末にインストールできます(インストール方法はアルファ版とほぼ同じ)。アルファ版からかなり開発が進められているようですが、次のことが主な違いとして紹介されています。ちなみに、OSバージョンはAndroid 4.0.3、カーネルバージョンは2.6.32.9、ソフトウェアビルドは「4.1.C.0.7」となっていました(Xperia rayの場合)。 更新されたUI:Android 4.0のUI要素に加え、Xperia Sで導入された機能を追加。 ロック画面とフェイスアンロック:ロック画面にカメラショートカット、音楽コントロール機能、フェイスアンロック機能を追加。フェイスアンロック機能はGoogleの検収が済んでないことからベータROMでは非搭載とのこと。 一部の通信機能をON:3G機能とFMラジオはモデムの認証が取れたのでベータROMではON。Wi-FiとBluetoothは認証が取れてないことからベータROMではOFF。 更新されたメールクライアント クイックダイヤルSource : Sony Mobile


(juggly.cn)記事関連リンク
米AT&T、防水・防塵性能を備えたタフネス仕様のAndroidスマートフォン「Samsung Rugby Smart」を発表、3月4日に発売
Samsung、米国で「Galaxy Rite」、「Galaxy Awaken」、「Galaxy heir」、「Galaxy Axiom」を商標出願
HTC One X "Endeavor"のプレス画像が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。