体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『最強ラーメンFes,』の第三陣でラーメン5杯食べてみた結果…… @町田シバヒロ

それとなく毎週の様にお届けしている『最強ラーメンFes,』の記事ですが、あえて言おう!

「今回の記事はノー・トッピングガールズFTTBである!」

と……。(土日はトッピングガールズFTTBのライブあります)

いや、そろそろ真面目にラーメンをクローズアップしないと怒られるので、いい感じのバランスを取る方向でどうでしょうか?

『最強ラーメンFes,』第三陣の見所

まあ、ぶっちゃけ第一陣から第六陣まで、全部の週がヤヴァイのですが今週もとにかくヤバイです。

まず……ラーメンの系統が似ている可能性!

蟹でバッティングしたり、名古屋コーチンが重なったりしているので、波乱の展開が予想されます。

あと、最近は週末の天気が悪い事が多いのですが、ちゃんと屋根のあるスペースも確保されているので、さして雨は問題ないし“雨の日サービス”とかも有り得るので、逆に雨の日を攻めるも一興で御座います。

そんな中、2016年の『最強ラーメンFes,』を完全制覇、2017年もそこそこ食べている筆者が、今回は真面目に第三陣の見所を解説しておきます。

『中華そば』

横浜にある『維新商店』が自信を持って出す一杯がコチラとなります。

その名の通り、昔懐かしい『中華そば』を思わせるビジュアルですが、細部はまったくの別モノで御座います。ぶっちゃけ、昔のラーメンはこんなに美味しくないですからね。

薩摩の地鶏を使った清湯スープに自家製中太平打ち手揉み麺を合わせていて、パッと見た感じはパッとしない一杯でしょうか?

特に、この『最強ラーメンFes,』では原価を無視した“お祭りラーメン”が多いので、伊勢海老とか花咲蟹とかウニなど「素人にも分かりやすい豪華なラーメン」が咲き乱れる魔境で御座います。

そんな中、この地味なビジュアルの一杯で勝負を仕掛けるとか、正気でしょうか?

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。