体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「波ぁ~!」 ドラゴンボールZの世界に没入できるVRヘッドセット『BotsNew Characters VR DRAGONBALL Z』で“ARかめはめ波”や“ARスカウター”を体験してきた

「波ぁ~!」 ドラゴンボールZの世界に没入できるVRヘッドセット『BotsNew Characters VR DRAGONBALL Z』で“ARかめはめ波”や“ARスカウター”を体験してきた

メガハウスは4月13日、『ドラゴンボールZ』の世界を体感できるVRヘッドセット『BotsNew Characters VR DRAGONBALL Z』を6月下旬に発売することを発表。ガジェット通信は、さっそく同製品のサンプルを体験取材してきました。

botsnewdb2

『BotsNew Characters VR DRAGONBALL Z』は、スマートフォンを装着して使用する2眼式のVRヘッドセット、手の位置を認識するマーカーをプリントした2個のコントローラー、ARマーカーとして使用するシートから構成するVRシステム。

botsnewdb3 botsnewdb4

「カプセルコーポレーション製のVRシミュレーター」という設定で、ヘッドセットやコントローラーにはカプセルコーポレーションのロゴがプリントされています。

botsnewdb5 botsnewdb6 botsnewdb7

専用アプリをインストールしたスマートフォンをヘッドセットに装着して、マーカーを手の甲に見えるようにコントローラーを持ったら準備完了です。

botsnewdb8 botsnewdb9r

『かめはめ波 体感AR(仮)』を遊んでみます。「か~」と両手を構えると手の甲のマーカーが視界に入って認識され、「め~」と手を腰の位置に引くと、視界に青い光が現れてエネルギーが貯まっていくのが分かります。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会