体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホと一緒に世界を走ろう!

※漫画はフィクションであり本文とは関係がありません。

既に私にとって“外部脳”となったスマホは、どこに行くにも欠かせない手放せない存在なんですな。
海外でも、通話、メールやウェブ閲覧、そしてローミングなど当然のよう活用していいるのですが、最近、やっていることは、“スマホと一緒にジョギング”……なんですぞ。

出張やプライベートで海外に行った際、前者は業務に支障のないとき、後者はワル嫁の怒りに触れないときに、機会を見つけてはなるべく走るようにしているのですが、そんな時も愛用のiPhoneと一緒なんですな。

もちろん音楽を聞きながらですが、iPhoneと『Nike+GPS』というランニングソフトを使うと、時間や距離、平均タイムだけではなく、GPSで走った記録も地図上に残るのですな。

昨年ベトナムに行ったときは、早朝、田園地帯の懐かしい稲穂の匂いのなか、気持ちよく走ったのですが、

なんと途中で犬に吠えられ追いかけられるという、それは恐ろしい体験をしたのですな。鋭い牙が私のお尻にあと数センチのスリル!
(そのおかげで素晴らしいタイム? になりましたが……)

そんなリアルな経験も記憶だけでなく、
「おっ、ここでワンワンにガブリ! 寸前!」
……と、地図で思い出すことができるのですな。

同じベトナムでも海岸沿いのリゾートでは、ホテルの外へは車で移動することが多いので、そのままだとなかなか気がつかない、知らないで終わってしまうローカルならではの発見があったりするのですな。

例えば、比較的朝に走ることが多いのですが、通勤・通学に向かう人々や、そのための早朝食堂のにぎわいとか、普通では知ることのない情景も同じ目線で観ることができるので、地元の生活を知るうえで、それはそれは貴重な体験なんですな。

こんな調子で、今日はホテルを出て右に行ってみようとか……、今日は、左に行ってみよう……とか、ジョグの向くまま気の向くまま。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会