ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Googleの新描画ツール『AutoDraw』で吉崎観音先生が「サーバルちゃん」を描いた結果

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

サーバル

Googleが発表した、誰でも上手な絵を素早く描けるように手助けしてくれる描画ツール『AutoDraw』。どんな絵でもプロ仕様のイラストに変換してくれるということで、絵が苦手な人を中心に大きな話題となっている。

【参照記事】絵心ない人集まれ! 落書きをプロ仕様の絵に置き換えてくれる『AutoDraw』が超絶便利
http://getnews.jp/archives/1696183 [リンク]

そんな中、人気アニメ『けものフレンズ』のキャラクターデザインを手がける、漫画家の吉崎観音先生が『AutoDraw』機能を使ったツイートを投稿。「サーバルちゃん」が変換された衝撃的なBefore/Afterにコメントが相次いでいる。



吉崎 観音 (@yosRRX) どれどれ…
https://twitter.com/yosRRX/status/852328179079364609 [リンク]

吉崎先生によるサーバルちゃんの可愛さは「さすが!」の一言だが、『AutoDraw』によって、サーバルちゃんの特徴は消え、普通のネコ科の生物に。

この投稿に対しTwitterユーザーは、

・サンドスターを奪われた笑
・動物に戻ってしまったw
・Googleはセルリアンw
・右の絵を描いたら左になるなら本当にすごいのに…ww

など、爆笑の嵐。

また「ケロロを描いたら・・・どうなるんだ・・・w」というユーザーからの疑問に、「上手なカエルになりましたよw」とコメントを返した吉崎先生。ぜひケロロ軍曹のBefore/Afterも拝見したいものである。

※画像はTwitterより引用。

プラムの記事一覧をみる ▶
プラム

記者:

アイドルとおもしろ動物好きのアラサー記者。ライブ参戦は時々、ネットウォッチは毎日。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。