ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

バイトの履歴書はパソコンでもOK?手書きじゃなきゃダメ?

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
バイトの履歴書はパソコンでもOK?手書きじゃなきゃダメ? FromAしよ!! バイトの履歴書はパソコンでもOK?手書きじゃなきゃダメ?

FromAしよ!! バイトの履歴書はパソコンでもOK?手書きじゃなきゃダメ?アルバイトに応募するときに持っていかなければいけない書類に履歴書があります。履歴書はパソコンやスマホの普及で、手書きではなく記載事項を先にデータに記載しておき、プリントができるようになりました。しかし、バイトに使用する履歴書をパソコンで作成して良いのでしょうか。手書きとパソコンでの履歴書のメリットデメリットを学んでいきましょう。

履歴書はPCで作成しても良いの?

履歴書をPCで作成することができれば、字のキレイさに自信がない人も安心して履歴書を提出することができるでしょう。手、パソコンやスマホの普及に従いPCで作成した履歴書は時代とともに受け入れられるようになってきました。

しかし、バイト先によってPCの履歴書が良いとされるときと、手書きの履歴書の方が好まれる場合とがあります。もし、パソコンで作成して提出をしたいと考えているなら、事前に応募先に聞いておくとよいでしょう。

パソコンを使う職種ならPC作成はアピールになる可能性も

パソコンで作成した履歴書が好まれる業態は、IT系やデザイン系の企業でしょう。どちらもパソコンを使用した作業が多いので、パソコンを使用できるアピールにもつながります。また、履歴書をwebにオンラインで提出する形式をとっている企業もあります。その場合もパソコンでの履歴書提出になります。

手書きの履歴書が好まれる傾向にあるのは、接客業や現場系の仕事です。仕事場でパソコンを使う機会が少ないので、昔ながらの手書き履歴書の方に好感をもつ傾向にあります。また、履歴書を郵送してくださいと指定がある場合も手書きの履歴書を送る方が良いでしょう。

手書きで履歴書を作成するメリットデメリット

FromAしよ!! バイトの履歴書はパソコンでもOK?手書きじゃなきゃダメ?

メリット:丁寧な文字は熱意を伝えやすい

手書きで履歴書を作成するのは、手間がかかりますが、メリットもあります。手書きの字がキレイなら、その字を見ただけでも面接する人に好印象を持ってもらいやすいでしょう。手書きの字に自信がなくても、手間がかかっている分相手方に熱意も伝えやすいのが手書きの良いところです。パソコンで作成すると、全て同じ字体になってしまい、その人の個性は無くなってしまいます。

デメリット:間違えると書き直しが必要

手書きの履歴書を作成するデメリットは、時間と手間がかかってしまう面や、字が汚すぎると悪い印象を与えてしまう可能性があることでしょう。また、基本ボールペンで記載するので間違った場合は再度書き直しをしなければいけないのも手書きのデメリットといえます。

手書きで履歴書を作成する場合の注意点

手書きで履歴書を作成する場合、文字を消せてしまう筆記用具(鉛筆・シャープペンシル・消せるボールペンなど…)で記載をするのはやめましょう。

履歴書は応募が通れば、バイト先に保存しなければならない重要な個人情報になります。そのため、何かしらの要因で消えてしまう筆記用具は適さないのです。もし消えてしまう筆記用具を使用していた場合は、記載内容に改ざんがあるとみられる危険性も持ち合わせているのです。

記載をするときは、黒字の油性ボールペンを使用しましょう。もし、記載を誤っても修正液や修正テープを使用するのは控えましょう。修正液などを使用すると、履歴書が汚く見えるだけでなく、修正・改ざんをしたとみられる可能性があるのです。

PCで履歴書を作成するメリットデメリット

FromAしよ!! バイトの履歴書はパソコンでもOK?手書きじゃなきゃダメ?

メリット:一度作れば複製が可能

パソコンで履歴書を作るメリットは、簡単でキレイな履歴書を作成することができることでしょう。字がキレイ・汚いの概念がなく、データなので一度完璧なデータを作成することができればいくつも複製することが可能です。

手書きでは一度間違えてしまった場合、もう一度白紙からやり直しですが、パソコンで作成した場合はデータ内で修正すればすべてを書き直す必要がありません。

写真もあらかじめ貼っておくことができるので、手書きの履歴書と違い、簡単に安く便利に履歴書を作ることができます。データを持ち運んでいれば、外出中にコンビニのコピー機でもプリントアウトができるのでコンパクトに履歴書を持ち運べます。

デメリット:個性が伝わりにくい可能性も

データの文字なので、綺麗ではありますが書面を見たときに冷たい感じがして意欲が伝わりにくくなる可能性があります。

PCで作成する場合の注意点

PCで履歴書を作成するときには注意をすべきことがいくつかあります。まず書面の紙のサイズです。一般的に売られている履歴書はA4サイズ(見開きでA3)かB5サイズ(見開きでB4)が主流ですが、どちらを選んでも問題ありません。むしろ、自己PRや特技欄など、自分をアピールする項目を充実させましょう。ただし、先方からサイズ指定がある場合は従ってください。

手渡しでパソコンの履歴書を渡す場合は、写真も履歴書用に撮ってプリントしたものを写真用のプリント用紙で出力して貼り付けたほうが良いですが、電子メールで送る場合は作成した履歴書に加工した面接用の写真を貼り付けて送らなければいけないので注意が必要です。

もしも表計算ソフトで作成する場合は、履歴書を一般的なデザインに似ているように枠組みを作ると、相手にも見やすくなるので良いでしょう。

まとめ

履歴書をパソコンで作成することは、時代が進むにつれ受け入れられるようになってきています。しかし、まだ手書きの履歴書を求めている職場も少なくありません。もし事前にどちらがいいかわからない場合は手書きの履歴書を用意するか、どちらも用意して柔軟に対応するのが良いかもしれません。使い分けをして、バイトを有利に進めましょう。

協力会社/ウィルゲート

関連記事リンク(外部サイト)

何を書けばいいの?バイト履歴書の本人希望欄の使い方
書き間違え!バイトの履歴書を修正しても良い範囲とは?
勉強中の資格、アルバイトの履歴書に書くべき?

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。