体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GNU/Linux上でAndroidアプリをネイティブに実行できるオープンソースAndroidアプリエミュレーター「Anbox」が公開

GNU / Linux ディストリビューション上で Android アプリをネイティブに実行できるようにするオープンソースの Android アプリエミュレーター「Anbox(Android in a Box )」がリリースされました。PC 上で Android アプリを実行する方法としては既に BlueStacks などのいくつかの Android エミュレーターが実現していますが、これら既存のエミュレーターは Android システムをまるごと仮想マシンとして実装しています。Anbox はこれらエミュレーターとは異なり、ホスト PC のアプリと同様に Android アプリだけを実行することができるツールです。Anbox では Android を LXC に基づくコンテナに入れ、ホスト PC のハードウェアやユーザーデータへのアクセスを許可せずにホスト PC の OS をブリッジする形で Android アプリを実行できるようにしています。Anbox のソースコードは完全にオープンソースとして GitHub から入手可能です。ほとんどの部品は GPLv3 でライセンスされていますが、一部は他のツールとの互換性の理由で Apache-2.0 の下で提供されています。Source : Anbox

■関連記事
NTTドコモ、停止していた「AQUOSケータイ SH-01J」の機能バージョンアップを再開
みずほ銀行、2017年秋にも「みずほダイレクトアプリ」に生体認証機能を導入
Android版「Dropbox Paper」が日本語に対応、オフラインモードも追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。