ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

快適な乗り心地と操作性「CYCLEBOARD」で外出が楽しくなる

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

40代の人にはノスタルジックに感じるこの乗り物。キックスケーターのデザインをそのままに、電動式になって登場。

セグウェイに代表されるアメリカでは定番となった電動式の乗り物だが、このCYCLEBOARDは3輪のタイヤが前後に配置されることで安定性が保たれており操作も比較的に簡単である。初めてでもすぐ街乗りできるのでおすすめ。

開発者の本気度が感じられる高性能な作りとデザイン

性能は最高時速30キロ超とかなりのスピードで、気になるバッテリーの方もスタンダードで24キロ、エクステンドで40キロを走行可能となかなかのハイスペック。重量は最大110キロなので2人乗りも可能な点がセグウェイなど他の電動乗り物との大きな違い。

シンプルで洗練されたデザインは好感が持てるし、エンジンやバッテリーもボードの下に設置されているので全く気にならない。USBポートや携帯ホルダーも付属しており、折り畳んでキャリーバッグの様に転がせて運べるなどちゃんと分かっている作りは購買意欲を刺激する。

日本ではまだ法規制が整っておらず、電動式乗り物がアメリカほど身近ではないだろうが南カリフォルニアに旅行で来る際には是非試してみてはいかがだろうか。海岸沿いを走ればきっと気持ちいい風を感じられるに違いない。

<製品情報>
最高時速:32キロ
モーター:450ワット
バッテリー走行距離:スダンダード24キロ、エクステンド40キロ
バッテリー充電時間:スタンダード3時間、エクステンド5時間
車体重量:18〜20パウンド
最高乗車重量:113キロ

CYCLEBOARD: https://www.cycleboard.com/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: Mighty Nice) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。