ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

杏が大倉眞一郎に「読んじゃダメ」な歴史本を紹介?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

杏が大倉眞一郎に「読んじゃダメ」な歴史本を紹介?
J-WAVEで放送中の番組「BOOK BAR」(ナビゲーター:大倉眞一郎・杏)。4月8日(土)のオンエアでは、「大倉さんは読んじゃダメ」というキャッチフレーズで、杏がある本を紹介しました。

その本というのは、半藤一利さんの『もう一つの幕末史』(三笠書房)。杏からすると「このタイトルでこの作者で…読まないでいられるか!」というほどの本とのこと。というのも作者の半藤さんが数年前に出版した「幕末史」という本には書かれなかったことが書かれているそうで、サブタイトルも「“裏側”にこそ『本当の歴史がある』」とされているそう。

「今、私たちがなんとなく頭の中にインプットされている、なんとなくの幕末史っていわゆる薩摩長州…“官軍”が作り出した歴史なんじゃないかと(されていますが)、『官軍って何?』というところから半藤さんは入るんです」と本の内容を紹介する杏。半藤さんはこの本の中で一貫して「西軍」と書き表し、「西の人たちがやったこと」と記しているのだとか。そのため杏は「長州藩のあった山口県出身の大倉が読むと良い気がしないのでは?」というところから、先ほどのキャッチフレーズを付けたそうです(笑)。

大倉は、地元にいた頃は「長州」ということは意識していなかったそうですが、大学に進学して上京したときに同級生と話していて「山口出身」と告げると、「おお! 長州か!」と言われることが多く「山口県出身というと長州って思うんだ!」と驚いたのだとか。そこから「俺たちは勝ち組だから」と思うようになったそう(笑)。

しかし杏の心配とは裏腹に、大倉はこのことに関しては冷静な目線を持っているようで「戦後の歴史を振り返ってみると、明治維新あたりから相当おかしなことになったんじゃないか」と思っているそう。そして杏いわく、この本によれば「明治維新」という言葉も明治10年以降にしか使われていないそうで、さらに「戦後の歴史で『キレイな言葉にしよう』という思惑があったんじゃないか」と触れていました。

作者の半藤さんについては、杏も大倉も大好きで尊敬しているそうで、最後に杏は「歴史を読んだことをない方も、この本は手に取ってみてください」とリスナーへ呼びかけていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BOOK BAR」
放送日時:毎週土曜 22時−22時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/bookbar/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。