体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キミは4号機を覚えているか?新宿・スロット専門ゲームセンター マメセンに行く

TOP

パチスロ打ったことありますか?

パチスロがある種の社会現象となっていた2000年前後。「そんなに詳しくはないけれど、友達に誘われて何度か遊んだことがある」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。一方では「毎日の楽しみがスロットだった」「生活がパチスロだった」というディープなファンも相当多かったのではないかと思います。

tennai

当時のパチスロは通称“4号機”と呼ばれる型式区分。乱暴な言い方をすれば「技術のある人ほど、多くのメダルを手にすることが出来た」というのが当時の認識でした。初心者も巻き込みつつブームは白熱化し、射幸性が高すぎる機械は法規制によって、次第にパチスロ店から姿を消していきました。

Alex Condor

コンドルが、アステカが、獣王が。
懐かしの名機と戯れることのできるOLDスロット専門ゲームセンター

撤去された台の多くは、パチスロ店では利用できないため、たいていは日の目を見ることなく処分されていきます。

juoh

今回取材した新宿・スロット専門ゲームセンター マメセンは、そんな古い台ばかりを集めたお店の先駆け。今でこそゲームセンターにスロット台があるのは珍しくありませんが、コンセプトに沿って専門性を貫いているお店はそう多くありません。

VS

マメセンは、パチスロファンの多くが思う「あの台、また打ちたいなー」という気持ちに応えたお店なのです。

立ち入ると、そこは「あの時代」

今回取材にあたり、マメセン/グリンピース歌舞伎町店・店長の篠塚さんとグリンピース営業推進室長の布目さんにお話を伺いました。

マメセンTOP

―店長さんはこのお仕事長いんですか?

篠塚さん

篠塚さん「16年になりますね。当時は『ゲッターマウス』とかが出始めた4号機Aタイプ全盛期です。技術介入が流行り始めてリプレイ外しなんかが盛り上がってきたころでした。」

1 2 3 4 5次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会