ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ゲーム感覚で学べるドローン操縦トレーニングアプリ『DRONE STAR』を発表 対応機体は4月17日に1万5000円で発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ゲーム感覚で学べるドローン操縦トレーニングアプリ『DRONE STAR』を発表 対応機体は4月17日に1万5000円で発売へ

ORSOは4月5日、ドローン操縦の教育向けスマートフォンアプリ『DRONE STAR』を発表しました。iOSとAndroid用に4月17日から無料で配信を開始し、同日にアプリ対応ドローン『DRONE STAR 01』を1万5000円(税込み)で発売します。

dronestar2

同社は2014年からドローン関連事業に参入。体験会の開催やアプリ・サービスの開発、レース参戦のサポートといった経験の中で、楽しみながら継続的にドローン操縦を学ぶ環境の必要性を実感し、教材となるアプリ開発に至ったとのこと。

dronestar3

アプリ『DRONE STAR』はドローンの基本操作を学ぶ「チュートリアル」、操縦スキルをチェックする「ホバリング検定」、楽しみながら継続して学べる「ミニゲーム」「FPVモード」から構成します。

dronestar4

「ホバリング検定」は、コントローラーに取り付けたスマートフォンのカメラでドローンの位置を把握。画面の指定された枠内にドローンをとどめるように操縦してスコアを獲得し、クリアを目指します。従来、ドローンのトレーニングはユーザーの主観的な練習方法に頼ることが多かったのに対して、操縦スキルをスコア化して目標を設定できるのが特徴です。

dronestar5

dronestar6

「ミニゲーム」は、得点エリアにとどまるようにドローンを飛行させ、画面内の敵キャラ(ソフトクリーム)にぶつからないように操作してスコアを獲得するゲーム。仲間同士でスコアを競い合うことで継続的に学べるのが狙い。

dronestar7

「FPVモード」は、ドローンカメラの映像を見ながら一人称視点で操縦するモード。友達同士でドローンレースを楽しむこともできます。

dronestar8

dronestar9

エルが販売する対応ドローン『DRONE STAR 01』は、18gと小型・軽量な室内専用のミニドローン。内蔵する気圧センサーにより、高度維持をサポートする機能を搭載します。約30分の充電で最長5分程度の連続飛行が可能。

dronestar10

dronestar11

ドローン本体を収納でき、スマートフォンを装着できるコントローラーが付属します。

dronestar12

dronestar13

dronestar14

飛行させる際には、画像認識の初期設定に利用する“ターゲットペーパー”を壁に貼って使用します。一定の高さまで浮上する離陸、現在位置から床まで下りる着陸はコントローラーのボタン操作から可能なので、初心者でも扱いやすい印象。これからドローンを始めてみたい人の有力な入門キットになりそうです。

dronestar15

『DRONE STAR 01』は4月5日から『DRONE STAR』公式サイトで先行予約を開始。4月17日に発売を予定しています。

DRONE STAR 楽しみながら学ぶ新しいコミュニケーションツール
http://www.dronestar.jp/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。