体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野菜嫌いを克服!子どものピーマン嫌いは、保存&調理法で工夫

野菜嫌いを克服!子どものピーマン嫌いは、保存&調理法で工夫

子どもが嫌いな野菜の代表格、ピーマン。独特のにおいや苦味が苦手でなかなか食べてくれず、困っている方も多いのではないでしょうか。そこで、料理研究家の高城順子先生に、ピーマンが嫌いな子どもでもおいしく食べられる保存&調理のコツをうかがいました!

冷凍保存でにおい軽減&やわらかに

冷凍保存でにおい軽減&やわらかに

ピーマン特有の青臭さは茹でることで軽減しますが、冷凍保存すると、においや苦味がさらに弱まります。冷凍したものは細胞が壊れてやわらかくなるので、食べやすさもアップします。

冷凍保存方法

水洗いし、ヘタと種を取り除いて使いやすい大きさに切る。

水洗いし、ヘタと種を取り除いて使いやすい大きさに切る。
熱湯にくぐらせ、すぐにザルに上げて粗熱を取る。

熱湯にくぐらせ、すぐにザルに上げて粗熱を取る。

茹で時間は短めに

茹で過ぎると食感が消えてしまうので、サッと火を通す程度でOKです。
冷凍用保存袋に入れて平らにならし、空気を抜きながら密封

完全に冷めたら、キッチンペーパーで水気をよく拭き取る。冷凍用保存袋に入れて平らにならし、空気を抜きながら密封する。冷凍庫で保存し、2週間を目安に使いきりましょう。

memo

手順2を省略し、生のまま冷凍することもできます。
においをより軽減したい場合は、生より茹でてから冷凍するのがおすすめです。

油でコーティングすれば苦くない!

ピーマンは、油でコーティングすると独特の風味が緩和され、苦味を感じにくくなります。ごま油で炒めたり、オイル漬けのツナと一緒に調理したりすれば、苦手な子どもでも食べやすいおかずに!カンタンでたくさん食べられる調理例をご紹介します。

ピーマンとハムのカンタン炒め マヨネーズ風味 

マヨネーズの風味が食欲をそそる、炒めるだけの時短おかず!

材料

ピーマン、ロースハム、サラダ油、マヨネーズ、塩・コショウ …各適量

作り方

ピーマンとハムのカンタン炒め マヨネーズ風味

ピーマンはヘタと種を取り除き、食べやすい大きさに切る。ロースハムはピーマンの形に合わせて切る。フライパンにサラダ油を熱し、ピーマン、ハムの順に加えて炒める。
ピーマンとハムのカンタン炒め マヨネーズ風味

1 2次のページ
VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。