ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Interview】地方就活生支援キャンペーンも好評!国内最大級のビジネスSNS「Wantedly」がめざす未来

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
wantedly_new_1月間ユーザー数150万人、利用企業数2万社。サービス開始からわずか数年で、国内最大級のビジネスSNSに成長した「Wantedly(ウォンテッドリー)」。昨年は、1万4千件以上の学生向け募集を掲載。インターンシップや就職活動にも利用され、学生ユーザーの数もぐんと増えつつある。

そうした反響に応えるため実施したのが、Airbnbを利用した地方学生の就職活動支援キャンペーン。3月31日までに利用したユーザー先着20名を対象に、宿泊費を50%キャッシュバックするというものだ。

地方に住む学生からすれば、大盤振る舞いともいえるキャンペーン。運営元がそこに込めた思いは、どんなものなのだろうか。ウォンテッドリー社執行役員、ビジネス担当の藤本 遼平(ふじもと りょうへい)氏に、話を聞いた。

・すべてのビジネスパーソンにさまざまな出会いを提供したい

Q1:まずはさかのぼって、「Wantedly」提供のきっかけから、お聞かせください。

wantedly_new_2きっかけというより、どのような思いからサービスが誕生し、何をめざしているのかをお話しします。

弊社では、「シゴトでココロオドル人をふやす」を企業理念に、ビジネスSNSを軸としたサービスを展開しています。働くことを通じて個人が難題に取り組み、自身の成長や社会貢献を実感して、結果的にパフォーマンスが高まる人を増やしていきたい。そのような思いから誕生した「Wantedly」は、すべてのビジネスパーソンに、さまざまな出会いを提供するプラットフォームをめざしています。

Q2:Airbnbを利用した今回のキャンペーン。学生からの反響は、いかがなものでしょうか。

 お申し込みやお問い合わせも多数あり、SNSでもたくさんシェアしていただきました。いい反応が得られたと、実感しております。

・地方学生に対する支援は今後も実施予定

Q3:今回のようなキャンペーンは、今後も行っていくのでしょうか?直近の展開で決まっていることがありましたら、教えてください。

wantedly_new_3まだ具体的な時期は決まっていないですが、今後も地方学生に向けた支援は、行っていきたいと考えています。

今回は春休み限定の企画でしたが、(今後は)通年でできる施策を実施していきたいと思っています。

Q4:サービスローンチから数年。学生の利用者数も、10万人を超えました。ここまで大きくなったことに対する、提供側の思いをお聞かせください。

wantedly_new_5「Wantedly」をリリースして5年。現在2万社の企業と、月間150万人のユーザーにご利用いただいております。当初は、新卒採用にフォーカスしたツールではありませんでしたが、多くのインターン募集が掲載されるようになり、それに伴って学生ユーザーも増加し、結果として10万人を超えました。

学生も含め、多彩なユーザーが増えれば、企業側もより多様な募集を出せるようになると思うので、転職だけではなく、新卒採用やインターンなどさまざまなシーンで利用されるビジネスSNSになれるよう、より良いサービス作りに努めていくつもりです。

(取材・文 乾 雅美)
Wantedly

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。