ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

インスタントなのにワイド撮影が楽しめる!ロモグラフィーの新カメラ、来月発売へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
fullsizeoutput_271b根強いファンをもつインスタントカメラ。何と言っても撮ってすぐにプリントできるのが魅力だ。そのインスタント撮影をグレードアップするカメラがロモグラフィーから間もなくリリースされる。

「Lomo’Instant Automat Glass Magellan」。ガラスのワイドレンズを採用し、最大絞り値は4.5とインスタントカメラとしては最も大きいという。

・ 最短撮影距離0.3メートル

レンズの焦点距離は38ミリ(21ミリに相当)。複数層のガラスレンズにすることで反射を軽減し、よりシャープな写真に仕上がるとのこと。

fullsizeoutput_271dまた、最大絞り値は4.5と、明かりが少ない環境での撮影も可能にする。最短撮影距離は0.3メートル。

シャッタースピードや絞りを調整でき、カメラ初心者ならオートモードにするといいだろう。

・多重露光の撮影も

もちろんAutomat Glass Magellanは、ロモグラフィー社の他のカメラに搭載されている便利機能も網羅している。

fullsizeoutput_2718シャッターリモコンになるレンズキャップや、多重露光をするスプリッツァーがついてくるので、集合写真も難なく撮れ、スプリッツァーでユニークな写真の撮影も楽しめる。

加えて、付属のカラーフィルターも使うとより幻想的な作品に仕上がりそうだ。

フィルムは富士フィルムのインスタントミニフィルムを使用し、カメラ用リチウム電池CR2(2本)で作動する。

価格は169英ポンド(約2万3000円)。現在、サイトでプレオーダーを受け付けていて来月中旬にも発送が始まる見込みだ。

Lomo’Instant Automat Glass Magellan/ロモグラフィー

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。