ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

自閉症の少年が言葉を取り戻すドキュメンタリー映画

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

自閉症の少年が言葉を取り戻すドキュメンタリー映画
J-WAVEで放送中の番組「WITH」。この番組は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘病しながら、“NO LIMIT, YOUR LIFE.”をスローガンに掲げて活動している武藤将胤がお送りしています。

3月24日(金)のオンエアでは、自閉症で言葉を失った少年と、その家族の奇跡を描いたドキュメンタリー映画「ぼくと魔法の言葉たち」の監督、ロジャー・ロス・ウィリアムズさんをお招きし、話を伺いました。

「ぼくと魔法の言葉たち」は、自閉症により2歳のときに突然言葉を失ったオーウェン君が、ディズニーアニメを通じて徐々に言葉を取り戻し、自立していくまでを追ったドキュメンタリーです。

原作は彼の父親が書いた「ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと」という著書ですが、実はこちらはオーウェン君自身が「自分を見てほしい、知ってほしい」と発した言葉がきっかけで書かれた本なのだとか。ロジャーさんもこの本と同じく、映画を通してオーウェン君が感じているもの、見ているものを観客に伝えようと試みたそうです。

また、1年間の密着取材の映像のほかに、家族のホームビデオ、さらには3つの手書きアニメーションを組み合わせて一本の作品に作り上げられています。さらに、この作品に感動したディズニー社の許可を得て、作中には数多くのディズニー作品のシーンが登場します。

「ここまでたくさんのディズニーの映画の映像を使わせてもらうのは史上初でした。さらに、ディズニーのキャラクターを他のアニメーション会社の作ったキャラクターとやり取りさせてくれたというのも、史上初でした」(ロジャーさん)

自身もALSと闘っている武藤は、映画の中のオーウェン君を観て「病気も個性だ」と感じることができたと言います。これにはロジャーさんも、「障害というふうに見るのではなく個性だと見るべきだと、強く考えている」と明かしました。オーウェン君と一緒に過ごしたことで、逆にオーウェン君の方が健常者よりも自由なのでは? と思うこともあったそうです。

この「ぼくと魔法の言葉たち」は、4月8日(土)に公開となりますので、気になる方はぜひ劇場に足を運んでみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WITH」
放送日時:毎週金曜 26時30分−27時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc4/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。