ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「実は子どもが生まれてね」嫉妬心はどこから来るのか? 喜びにわく明石一家と危機感を覚える子どものない妻 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「特別な子なんだ」源氏、娘のための乳母選び

源氏が大臣になった春。公私共に忙しく暇のなかった源氏ですが、心のなかでは明石の君とお腹の赤ちゃんのことが気がかりでした。「そろそろ生まれるはず」と使いを出すと、「3月16日にお生まれになりました。姫君です」

1人は皇帝、1人は大臣、1人は皇后になるだろうという占いのお告げ。公にはできませんが、藤壺の宮との間にできた最初の子は、たしかに冷泉帝として即位したばかりです。3人目は待望の女の子、占いが本当なら彼女が未来の皇后(中宮)となるはず!

自分自身は帝になれないけれど、子どもたちが夢を叶えてくれるかもしれない――。須磨で苦しい思いをしている間は、占いなんか信じられなかった源氏ですが、こうなってくると明石の入道の高望みや、住吉の神の導きというのも現実味を帯びてきます。「つくづく、田舎で生まれさせたのは不憫だった」と、娘のために行動を起こします。

まずは乳母選び。乳母はおっぱいをあげるだけでなく、子どもにとっていちばん身近な教育者でもあったので、きちんとした人をつけることが大切です。

目星をつけたのは、桐壺院の女房だった人の娘。家柄もよくおっとりとした性格で、源氏とは時々、宮中で顔を合わせた仲です。しかし母と死別後、悪い男と一緒になって捨てられてしまい、今は乳飲み子と荒れ果てた屋敷で寂しい暮らしをしていました。

相談を受けた彼女は「ご希望に沿いたいけれど、見知らぬ田舎に行くのが不安…」。迷う彼女に源氏は直接頼み込み、「知らない土地にいくのは心配だろうけど、あの子は私にとって特別な子なんだ。どうしても君にお願いしたい。」加えて、明石のことを詳細に話して聞かせたので、彼女もやっと決意し、出産祝いの品々とともに明石へ発ちました。

おじいちゃんは絶好調!出産祝いに湧く明石

乳母一行を出迎えた入道は喜ぶことこの上なく、思わず京の方を拝み倒すほどです。乳母を警護してきた侍を大盤振る舞いでもてなしたので、彼の方が困ってしまい「あの、源氏の君もお待ちかねですので、早めに戻りませんと」ときまり悪がる始末。入道は腰も治って絶好調のようですね。

明石の君は源氏との別れと初産でかなり弱っていましたが、心からのお祝いを受け取って元気が出てきました。姫君は生まれたばかりなのに、恐ろしいほど美しい顔立ちです。

乳母も明石に着いてみて、源氏が「特別な子」と言っていた意味が納得され、旅の疲れも忘れて可愛い姫のお世話に没頭。小さな姫君は『明石の姫君』ですが、明石が付く人が多いので、田辺源氏や『あさきゆめみし』にならって、ちい姫とします。

明石はお礼とともに「私一人では心細いです。あなたの大きな袖で、姫を護ってあげてください」。源氏はまだ見ぬ娘にあいたくてたまりません。「入道はどんなに孫娘を可愛がっているだろう」とか「明石の君に逢いたい」とか、そんなことばかり考えて、心はすっかり明石に飛んでいます。

「嫉妬心はどこから来るのか」妻のご機嫌取りに大失敗

さすがの源氏も、紫の上の前では明石の話はあまりしないのですが、「子どもの話を風のウワサで知ったら不快がられる」と、先手を打ちます。そういえば、明石との件もこう思って告白しました。

「人生はうまくいかないね。実は、明石に子どもが生まれたんだ。女の子だから残念で、放って置いてもいいんだけど、なかなかそうもいかないから、近々こちらに呼び寄せようと思っているよ。恨まないでやってね」。

乳母まで直々に選んだ源氏の心は並大抵のものではないのですが、紫の上の手前ではそうも言えず、下げた言い方に終始します。それにしても、ただの浮気どころではなく、子どもまで出来ていたと知らされた紫の上の心中はいかばかり。ものすごいショック…。

紫の上は顔を赤くして「まあ、嫉妬しないでくれ、なんて言われる自分が嫌になるわ。憎むとか恨むとか、いつ教えていただいたのかしら」。

源氏は笑って「確かにその嫉妬心はどこから来たのか、意外だね。実際にあなたはいつも、あれこれ妄想をたくましくして、私の愛情をわかってくれない。悲しいよ」。今度は涙を浮かべて見せます。泣き落とし?

明石にいる間、常に紫の上が思い出され、そのせいで明石の君には寂しい思いをさせたこともあった源氏。そのあたりのニュアンスをうまく伝えたいのですが、どうにも流れが悪い…。「子どもの件はちょっと考えがあるから、時期が来たら話すよ。今言うとまた誤解されそうだし…。明石の君が素晴らしく思えたのは、寂しい田舎で出会ったからかもしれないね」

ディスりつつも源氏はペラペラと、明石の君のことを語ります。「箏が名人級にうまかった」「姿形はまあまあ…いや大したことなかったかな」(※これも実際の感想より控えめに表現)。これだと、かえって「意識してます」と言ってるようなもの。

その人とイチャイチャしている間、私はひとり家を守って耐えていたのに…)。持ち上げようが落とそうが、浮気相手の評判を聞いて、紫の上が面白いはずがない。源氏の余計な明石評はかえって彼女を煽り、ますますご機嫌斜めになります。あーあ。

紫の上は背を向けて「あなたはあなた、わたしはわたし。結局は別々のことを思っていたのよね。心が通い合ってるって信じてたのに、あの頃どんなに悲しかったことか…。あなたと明石の君とやらは、両思いで仲良くしていらっしゃいよ。私はお先に、死んで煙になるから」。

源氏は慌てて「またそんなつまらないことを言って。誤解だよ。誰のために海山を彷徨って涙に暮れたと思ってるんだ。私の願いは結局、あなたと一緒にいたいだけなんだよ」。これも口説き上手の源氏とも思えない、陳腐な言い回しです。

源氏は気分転換にと箏を出してきて、紫の上に弾くようにすすめますが、彼女は手も触れません。「明石の君が名人級にうまかった」なんて話を聞いたばかりで、同じ楽器を弾く気なんかあるわけない。また、なんで箏にしたんだか……。

「持つべきものは友」明石の君が喜んだ、意外なプレゼント

父親のいない田舎で生まれた娘に、出来る限りのことをしてあげたいと、源氏は続けて生後50日目の『五十日(いか)の祝い』を、当日にきちんと届くよう調整して明石に贈ります。

入道はもちろん嬉し泣き。「こちらでも祝いの支度はしていたが、源氏の君の贈り物がなければどんなにつまらなかっただろう」。明石も源氏の心遣いに感謝していましたが、何よりありがたかったのは、乳母の存在でした。

明石にも女房は何人かいますが、京の生活に疲れ果てて流れてきた、枯れたおばさんばかり。その点、同じ年頃で気立てもよく、姫を可愛がってくれる乳母は貴重な存在。乳母も明石の美しさや高貴な人柄に惚れ込み、主従というよりは友達同士のような良い関係になりました。乳母は宮中の様子などあれこれ語り、これも明石にとっては新鮮だったでしょう。

2人は、源氏からの手紙を一緒に読みます。「今すぐ明石に飛んでいきたい。やはりこのままではよくないから、上京する覚悟をしておいて。心配することはなにもないよ」。

乳母は(ああ、あの源氏の君にこれほど愛されていらっしゃる。それに比べて私は…)と、男に捨てられた我が身を顧みますが、手紙の末尾には「乳母は元気にしているかい」とちゃんと書いてあり、心遣いに感謝します。源氏の、こういう気配りの仕方はほんとうに上手です。

「また明石ね…」紫の上がどうしても無視できない恋敵

明石からの返信には、ちい姫のことばかりが書いてあります。恋愛中の色っぽい手紙から打って変わって、母親らしくなった彼女。源氏はそれを繰り返し繰り返し見てはため息をつくばかりです。紫の上はそれをジト目で眺め(ああ、明石、明石。私は置き去りね…)

「また変に気を回してるね。大したことじゃない。ただ住んだこともある土地だから、情景なんかが浮かんで、それでため息が出ることもあるんだよ」。しょうもない言い訳をしながら、源氏は手紙の上包みだけを紫の上に見せます。高貴な姫君も顔負けの、上品な筆跡。これには紫の上も(なるほど…)と認めずにいられません。

普段は大らかで優しい性格なのに、どうしてかヤキモチやきで、怒ったりスネたりする。それが紫の上の性格です。六条が心の奥底に押し隠すタイプだったのとは違い、紫の上は自分の気持ちをストレートに表現し、多少ヘソを曲げても大体の場合は機嫌が治るので、源氏もそういうところが可愛いなと思っています。

それでも、明石の君の存在は紫の上にとって脅威。身分が低いわりには人柄や教養も高貴な人に劣らないようだし、更に自分がまだ産んでいない子ども(しかも女の子)を産んだとあれば、意識するなという方が難しいです。源氏も「本当は紫の上に子どもができれば」と思っていますが…。

このあたりから、登場人物たちがそれぞれ親としての立場を強め、子どもや将来の話が増えていきます。

簡単なあらすじや相関図はこちらのサイトが参考になります。

3分で読む源氏物語 http://genji.choice8989.info/index.html
源氏物語の世界 再編集版 http://www.genji-monogatari.net/

(画像は筆者作成)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 相澤マイコ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。