ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

トレースや模倣品はアウト! 同人グッズを作る時の注意点は?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
dojinmanners_01

最近では同人誌即売会でアニメやマンガ、ゲームなどのグッズを頒布するサークルが増えています。同人専門の印刷所やグッズ制作サービスを利用するケースも多くなっているようです。とはいえ、同人活動それ自体が著作権法に関してグレーな中で行われているということを、ともすれば忘れがち。

そんな中、ある『Twitter』ユーザーが同人グッズを制作・頒布する際の注意点をイラストでまとめています。


ここで指摘されているように、原作からのトレースやマークなどをそのままグッズにするのはNG。デザインをまねて二次創作をするのもアウトです。また、ストラップなどで見かける「つままれ」は株式会社コスパが商標登録をしており、似たものを作ると商標権に抵触します。立体フィギュアも『ワンダーフェスティバル(WF)』や版権の許可を得るなど、手続きが必要です。

ツイート主は「ジャンルによってオッケーなところもある」「とにかくうまくやってくれとしかいえない……」と注意喚起。楽しい同人ライフを贈るためにも、原作へのリスペクトと著作権について理解をした上で活動することが、サークルには求められているといえそう。また、一般参加者側も、安易にグッズ製作者に対して「○○を作って!」といったことを求めることも注意すべきなのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/mtrsumi/status/844204265191088128 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。