ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『EVO Japan 2018』は日本のe-sportsの幕開けとなるか 世界最大級の対戦格闘ゲーム大会の日本初開催及びオープントーナメント『賽[sai]』の開催が決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

先日、EVO Japan実行委員会が『Evolution Championship Series: Japan 2018』(以下『EVO Japan 2018』)を、2018年1月26日から28日まで3日間、秋葉原UDXにて開催すると発表しました。『EVO Japan 2018』は、1995年から20年以上にわたり北米で開催されている世界最大級の対戦格闘ゲーム大会『Evolution Championship Series』(以下、EVO)とのパートナーシップに基づき、日本では初の開催となる大会。ラスベガスで昨年開催された『EVO 2016』では参加プレイヤー数1万人以上、『Twitch』での同時最大視聴者数は23万人、決勝戦はアメリカのスポーツ専門チャンネルであるESPN2でも放映されるなど、注目度の高いゲーム大会となっています。

EVO Japan 2018開催概要
会期・時間:2018年1月26日(金)~28日(日)(※開場時間未定)
会場:秋葉原UDX(東京都千代田区外神田4丁目14番1号)
大会参加方法:2017年7月下旬頃公式サイトにて詳細発表予定
公式サイト:http://evo-japan.net/
主催:EVO Japan実行委員会LLP
運営事務局:EVO Japan運営事務局(ソニー・ミュージックコミュニケーションズ内)

また『EVO Japan 2018』に先駆け、オープントーナメント大会の『賽[sai]』(以下『賽』)が、2017年5月20日から21日までの2日間、秋葉原UDXにて開催されることも同時に発表されました。

『賽』は、ラスベガスで開催されている本家『EVO』同様、敗退までに2度のチャンスがあるダブルエリミネーション方式のオープントーナメント大会で、『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』『GUILTY GEAR Xrd REV 2』にもう1タイトル(後日発表予定)加えた3タイトルで行われる予定です。予選は同日に行われるため、複数タイトルへのエントリーも可能。ゲームコミュニティとコラボレーションしたサイドイベントや、TOPANGAやGODSGARDENなど様々な団体による企画も準備中とのこと。エントリーに関しての詳細は、『EVO Japan 2018』の公式サイト上で3月下旬発表予定となっています。

賽[sai]開催概要
会期・時間:5月20日(土)、21日(日)(※開場時間未定)
エントリー費:無料(3月下旬以降公式サイトにて事前エントリー制)
入場料:無料
賞金:無
会場:秋葉原UDX(東京都千代田区外神田4丁目14番1号)
公式サイト:http://evo-japan.net/
主催:EVO Japan実行委員会LLP
協力:バンダイナムコエンターテインメント、アークシステムワークス
運営事務局:EVO Japan運営事務局(ソニー・ミュージックコミュニケーションズ内)

EVO Japan運営委員長・金子紀幸氏のメッセージ:
「日本のアーケードの片隅から生まれたのち、世界中へと羽ばたきながら、30年近くにわたる歴史を紡いできた格闘ゲーム。近年、その熱狂はとくに北米によってけん引されてきました。なかでもEVOは、世界中の格闘ゲーマーから支持を集めている世界最大規模の格闘ゲームの祭典であり、そのEVOを格闘ゲーム発祥の地である日本でこのたび開催できることを、いち格闘ゲーマーとして大変嬉しく、また光栄に思います。
世界中の格闘ゲームファン達がそれぞれの目的を持って集まり、皆で楽しむことができる――この日本でそうした空間を実現するための試みが、EVO Japanとなります。日本のみならず、世界中の格闘ゲームファンの皆様の参加をお待ちしております」

腕に自信のある格闘ゲーマーにとってはこれ以上ない腕試しの場になりそうです。この大会をきっかけにプロゲーマーに転身といったストーリーも生まれてくるかもしれないですね。日本におけるe-Sports定着の引き金になるかという点からも注目したいと思います。

(c) CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED. TEKKEN(TM)7 FATED RETRIBUTION & (c) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(c) ARC SYSTEM WORKS

※ソース:atpress
https://www.atpress.ne.jp/news/124403

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。