ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

息を吹き込むだけで消化の調子が判定できるスマートガジェット「AIRE」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

消化の調子を計測できるスマートガジェット「AIRE」通勤・通学の途中や、大事な会議や試験の直前などのタイミングで、急におなかが痛くなり、トイレに駆け込んだ経験はないだろうか。

英ノッティンガム大学の研究結果によると、世界全体で8人のうち1人が、下痢や便秘を慢性的に繰り返す過敏性腸症候群(IBS)によって、日常生活に支障をきたしているという。

・呼気から消化の調子を測定できるスマートガジェット

「AIRE」の本体と専用スマホアプリアイルランドの首都ダブリンのスタートアップ企業「FoodMarble」は、息を吹き込むだけで、腸で十分に消化されていないものを特定できるスマートガジェット「AIRE」を開発した。

ヒトの体内では、食べたものが十分に消化されていないと、その多くがガスとなって腸にたまり、腹痛や下痢、便秘を引き起こしている。

また、これらのガスの一部は、腸から血液に流れ込み、やがて肺に達し、呼気として排出。

そこで、このメカニズムを活用し、「AIRE」では、呼気に含まれるガスや温度、湿度を計測して、ユーザーの消化の調子を1から100までのスコアで評価する仕組みとなっている。

ユーザーは、専用スマホアプリで、評価スコアを閲覧できるほか、日々の睡眠時間やストレスレベルを記録していくことが可能だ。

・オンラインショップで予約販売中

「AIRE」は、縦横5.5センチ、厚さ1.25センチのポケットサイズ。

2017年夏に販売が開始される予定となっており、現在、オンラインショップでは、99ドル(約1万1000円)の特別価格にて予約販売を受け付けている。

AIRE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。