ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

自殺対策キャッチフレーズ『GKB47宣言!』に民間支援団体が抗議声明

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「若者のあいだではGKBに『ゴキブリ』という意味もある」

 政府が毎年3月に行う自殺対策強化月間のキャッチフレーズが「あなたもGKB47宣言!」に決まったことを受けて2012年2月6日、自殺対策に取り組む全国72の民間団体が、このキャッチフレーズの撤回を求め、共同で抗議声明を出した。

 GKBとは「ゲートキーパーベーシック」の略。ゲートキーパーとは悩んでいる人に気づいて声をかけ、必要な支援につなげる存在のこと。自殺対策月間の今年度のテーマが『全員参加』ということから、ゲートキーパーの存在を広げていこう、国民全員が取り組んで行こうという意味合いで47(都道府県)を付け足し、「GKB47」となったようだが、人気アイドルグループ・AKB48に引っ掛けたネーミングであることは一目瞭然だ。

 政府発表時、自殺対策推進委員の一部からも「自殺の標語としては違和感がある」などとして疑問の声が上がり、ネットでも批判の声が多数あがっていたが、いよいよ現場で実際に活動する人たちから怒りの声が上がった形だ。共同抗議の主な内容は

1.「GKB47」という、冗談のようなキャッチフレーズを実際に苦しんでいる人が見たらどう思うのか。キャッチフレーズの役割を果たしていないのでは。
2.「どこに相談すればいいか」の具体的な情報が明記されていない。また相談支援の受け皿もない。
3.民間の声を無視して「GKB47」を強行しようとする政府の姿勢は自殺対策基本法第2条の「官民連携の理念」に反する。

などといったもので、実際の現場の声が併記されている。

 また同日6日の参議院予算委員会でも民主党・松浦大悟議員がこの問題を取り上げ、撤回を野田佳彦総理大臣や岡田克也内閣府特命担当大臣に求めたが、岡田大臣は「すでに決定したことで動き出していること。ただちに撤回するとは考えていない」、野田総理も「最初に聞いたときは違和感があった」としながらも、検討すると回答するにとどめた。この模様はニコニコ生放送でも中継され、視聴者からは「なめてんのか」「ふざけるな」「不謹慎」などと撤回に賛成するコメントであふれた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 「GKB47」の問題点に関する松浦議員の質問から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv80497462?po=news&ref=news#6:24:21

(神田桂一)

【関連記事】
「警察に都合の悪い証拠」でも検察は提出するのか?痴漢容疑めぐる裁判の焦点に
『もしドラ』作者が語った挫折 「小説家になれず、自殺しようと思った」
自殺者14年連続3万人超え 藤村長官「非常に深刻な事態」
自殺者数が14年連続で3万人を超える 警察庁が発表
20代死因の半数は自殺 動機「就職の失敗」が急増した理由

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。