体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Apple 『iBooks Author』で子どもの学習本を制作しましたぞ!

Apple 『iBooks Author』で子どもの学習本を制作しましたぞ! Apple 『iBooks Author』で子どもの学習本を制作しましたぞ!

Apple 『iBooks Author』で子どもの学習本を制作しましたぞ!

*漫画はフィクションであり本文と連動しておりません。

今、息子の勉強で東京23区の名前と位置と形を覚えるという課題があるらしいのですな。これが結構大変で、実は何を隠そう、別に隠さなくても良いのですが、私も23区の名前は知っていても、その位置や、まして形となると、子どもに聞かれても「いや、そのぉ、お父さんは用事があるので、失礼……」とゴマかさなくてはならない状況だったのですな。

で、うちのワル嫁が「アナタの自慢の『iPad』で良いソフトないの?」と言い出したので、いろいろと検索したのですが……。あっても良さそうなのに、これがなんと見つからないのですな。
「な~んだ、ないんだ。自慢のiアプリとやらも、たいしたことがないのね」
と、それはそれは憎たらしいことを言うのですな。

そこでっ! Appleが1月20日に発表し、ダウンロードが始まった誰でも(私のようなダメ父にでも)簡単に教科書が制作できるという『iBooks Author』を使って、学習本を作ってみましたぞっ!
題して“うちの子どもでも簡単に東京23区が覚えられる学習本”制作!

まずは、愛機のMacにApp Storeから『iBooks Author』(無料)をインストールをして、早速アプリを起動すると、まあなんとAppleらしい使いやすそうでエレガントな画面が……。

まずはテンプレート選びからスタート。ここから科目に合わせて、最適なテンプレートを選ぶのですな。今回は地図なので地学を選択。

テンプレート選択

次に本の表紙の制作。それらしい、かっちょいい表紙が簡単にできましたぞ。

表紙制作

(注:他人に配布する場合は、著作権フリーの写真が良いですぞ)

ここらへんで、調子があがってきたので、鼻歌まじりに冷蔵庫をのぞき込み、ビールを取り出しプッシュゥと開けて、さあ、作業再開! 続いて、扉の部分の制作なんですな。落語でいうところの“つかみ”ってぇやつですな。

ここで息子に逃げられてはいけませんので、優しく「一緒に勉強しよう!」と呼びかけるのですな。

東京23区を勉強しよう!

これは自分の息子の性格を知っている親だからこそできる気配りで、市販の教科書では、なかなかこんな芸当はできませんぞ。

まずは東京23区の基礎編。

東京23区地図

難しい漢字もあるので、ちゃんと読みがなをつけて、ばっちり区の位置や形を覚えてもらおうって魂胆なんですな。
しっかり覚えたかな? ってところで、インタラクティブで楽しいクイズをやって、覚えたことを確実にするページの制作ですぞ。

23区クイズ

何も書いてない短冊をタッチすると、区の名前が出てくるってぇ寸法なんですな。本当は、その部分をタッチすると名前が出てくるようにしたかったのですが、そんなテンプレートがないのか? 見つけられなかったのか? このような引き出し短冊になったわけなんですな。

23区クイズ

なんで東京って23区もあるんだぃ! と思うくらい、23個も短冊を作るのは肩がこりましたが、何とか完成ですぞ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。