ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【楽しい大人の塗り絵レッスン】アメコミ風・スケッチ風で下絵のイメージを越えてみる by『大人ディズニー素敵な塗り絵レッスンブック』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『大人ディズニー 素敵な塗り絵レッスンブック』シリーズを参考に、初心者でも素敵な塗り絵を楽しむための連載、最後の第三回目です。

第一回、第二回はこちら。

第一回:
【楽しい大人の塗り絵レッスン】輪郭線を黄色でなぞるだけでキラキラ妖精オーラがあふれ出す!
http://getnews.jp/archives/1650682[リンク]
第二回:
【楽しい大人の塗り絵レッスン】3色ボールペンがオシャレ画材になる!
http://getnews.jp/archives/1656652[リンク]

ただいま、ツイッターRTプレゼントも実施中!


最終回の今回は、「アメコミ風」「スケッチ風」の2つのアレンジをご紹介します。

アメコミ風の白雪姫でメルヘン世界をより鮮やかに

こちらは『大人ディズニー素敵な塗り絵レッスンブック』の15ページの課題。あの名作「白雪姫」!

まずは輪郭線に沿って黒ボールペンになぞり、それぞれの線をクッキリ太く強調します。
そして手の中やドレスのドレープなど、指定の位置に斜線で影をつけましょう。ウエストの影は特に強調!

その後、肌の部分のみ淡く塗り、その他は強めの筆圧でベタッと塗ります。髪の毛のツヤだけ塗らずに残し、最後に真っ赤な口紅を。図の中に書かれている番号は、ファーバーカステル水彩色鉛筆の色番号です。

アメコミ風の白雪姫の出来上がりです! ポップな雰囲気に仕上がりましたね!

スケッチ風の癒し系くまのプーさん

同書26ページのレッスン課題はプーさんとピグレット。
ジグザグ塗りとオイルパステル(クレヨンでもOK!)を駆使して、もっともっとメルヘンに仕上げてみましょう。

まずはジグザグ塗りの基本から。
色鉛筆は文字を書くときのように持ち、やや寝かせた状態でジグザグに塗ります。

このジグザグ塗りで、指定の位置をざっくりと塗ります。

さらに影となる濃い色を同じくジグザグと塗り重ね、立体感をプラスします。
このとき、輪郭線からはみ出してもOK!

最後に、茶色のオイルパステルを使って輪郭線をササッとなぞります。
太い線と細い線を使い分けると手書きのような雰囲気に。
輪郭線からはみ出すのが、意外なコツです。

絵柄がかわいいので、普通に塗るだけでも十分にメルヘンチックになりますが、スケッチ風テクニックを使えばさらにほんわか、癒し系の一枚に仕上がりますね。

今回ご紹介したアメコミ風とスケッチ風に塗るテクニック、ぜひ色々な絵柄で試してみてくださいね。

さて、これで【楽しい大人の塗り絵レッスン】連載は全3回を終了します。
いかがでしたでしょうか。
本書には、ほかにもたくさんの塗り絵レッスンが衆収録されています。
一人でも多くの方に、大人の塗り絵を始めてみようかな、と思っていただけたら嬉しいです。

今回参考にしたのはこちら

ご紹介しているテクニックはすべて、『大人ディズニー素敵な塗り絵レッスンブック』シリーズに載っています。
たくさんの塗り絵レッスンと、ディズニーの夢のような世界観がふんだんに詰まった塗り絵がまとまっている、はじめての大人の塗り絵にピッタリの一冊ですよ。

※写真左
『大人ディズニー素敵な塗り絵レッスンブック』(MdN)
著者:INKO KOTORIYAMA
定価:本体1,200円+税
ISBN:9784844365990

※写真右
『大人ディズニー 夢の世界へ 素敵な塗り絵レッスンブック』(MdN)
著者:INKO KOTORIYAMA
定価:本体1,278円+税
ISBN:9784844366331

「MdN大人ディズニー塗り絵コンテスト」も開催中!

2017年4月末まで募集中です。
詳細は公式サイト[リンク]へどうぞ。
【楽しい大人の塗り絵レッスン】アメコミ風・スケッチ風で下絵のイメージを越えてみる by『大人ディズニー素敵な塗り絵レッスンブック』

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。