ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

滑らかに動くドット絵ファイトがアツいボクサー育成SLG『Victory Road』Steam Greenlight通過 日本語にも対応予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月17日、ゲーム制作者Yui Jegnan氏とMattSuperDev氏によるボクサー育成シミュレーション『Victory Road』が、Steamのゲーム配信プロセスであるGreenlightを通過した。リリースは2017年内が予定されている。


『Victory Road』Steam Greenlightページ
 
公式ページによれば、本作は格闘ゲームからインスピレーションを得たビジュアル重視の戦略育成アクションゲームとのこと。プレイヤーはコーチとして、育成方針や戦略を丁寧に計画し、遂行する事によって、自分だけのボクサーをチャンピオンの道へと導くことになる。


 
ゲーム内では様々なスキル、クラス、アイテムなどを駆使して自分のボクサーの性格に合う戦略を作り上げる事が可能。さまざまな個性や戦略を持ったライバル達がボクサーの前に立ちはだかるため、時には勝利のために、ボクサーの育成方針を変える必要もあるようだ。

ボクサーを育成としてまず重要なのはトレーニング。食事を計画的におこない。正しい栄養と量のある食事を取る事は、効率的なトレーニングをおこなうためには欠かせない要素になる。またボクサーの育成にはスキルツリー、コンボシステム、熟練度システムにより、自由度のある育成システムが搭載されているとのこと。


 

 
プレイヤーとボクサーの戦いの舞台となるリーグは全4種類存在し、150人以上のボクサーが登場する。現在公開されているトレイラー動画でもゲームプレイの様子は見ることができるが、リング上ではAIによる高速のバトルが展開される。

プレイヤーは試合中、コーチとしてアイテムや固有アクションを使いながら試合中のボクサーの手助けをすることが可能。また試合中にボクサーのファンを獲得し、専用のファンクラブに加入させる事もできる。それぞれのファンが持つアビリティも存在し、ファンを増やして間接的にボクサーを強化することも可能となる。しかし、ファンがいるのはライバルからも同じ。それによるファン同士のターン制バトルも発生するようだ。


 

 
ランダム生成されるゲームイベントにより、周回プレイでも楽しめる設計に本作を仕上げる予定とのこと。以前に両氏が実施したローグライクゲーム『Cube and Me』のクラウドファンディングは170人以上の支援者を集めたものの残念ながら未達となっていたが、今回の新たなチャレンジに期待したいところだ。

なお、リリースや対応言語に関して制作者のYui Jegnan氏にお話を伺ったところ、日本で育ったことや日本文化が好きなため、元々リリース後にゆっくりと日本語ローカライズを予定していたとのことだが「現時点で日本からの反響も多く、日本語でのリリースに関してはぜひ取り組みたい」とのこと。

[基本情報]
タイトル: 『Victory Road』
制作者: General Krukov/MattSuperDev
対応OS: PC

関連記事:

『Terraria』開発元が配信する新作『Pixel Privateers』ちびキャラ部隊を率いる戦術アクションRPGが近日発売
『Stardew Valley』日本語を含むローカライズ版のβ配信が開始
『Pixel Princess Blitz』約1200万円の支援金額でKickstarter完遂 可愛らしいドット絵のローグライク・アクションRPG

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。