体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手塚治虫の80年代シナリオ集はやっぱりスゴかった。企画・構成・編集を担当した濱田さんに聞いてきた!【PART 2】

すごみを感じさせる晩年の仕事集

『手塚治虫シナリオ集成1970-1980』(2017年2月20日発売)に続いて、『手塚治虫シナリオ集成1981-1989』(2017年3月17日発売)が発売されます。初公開のテキストも多い本書を編んだアンソロジストの濱田髙志さんに、その詳細を伺いました。

アイデアの泉が全く枯れなかった手塚治虫

———『手塚治虫シナリオ集成1970-1980』(2017年2月20日発売)に続いて、『手塚治虫シナリオ集成1981-1989』(2017年3月17日発売)が出版予定です。

濱田 手塚先生が亡くなられたのが1989年ですから、本書『手塚治虫シナリオ集成1981-1989』には、晩年の仕事が多く含まれています。例えば「ネオ・ファウスト」は、手塚先生の絶筆とされる3作品(「グリンゴ」「ルードウィヒ・B」「ネオ・ファウスト」)のうちのひとつですが、本書には、1984年にアニメ映画化を想定して書かれたシナリオが収録されています。これまで単行本に収録されていたのは第二稿のみですが、今回はその前に書かれた第一稿も併載しています。結果的にこの映画化は実現しなかったんです。また、舞台劇「火の鳥」のシナリオは、先生が亡くなる寸前まで病床で朱を入れたという作品で、手塚先生は開幕の翌日に亡くなられました。

 この舞台、音楽を千住明さんが手掛けられていて、音楽面のプロデュースを務めていらしたのが、映画「火の鳥2772 愛のコスモゾーン」の音楽を担当された樋口康雄さんの所属事務所の社長だった故・荒家正伸さん。荒家さんが亡くなられる前、事務所でこのシナリオの何校目かのコピーを見せていただいたことがあって、手塚先生直筆の原稿用紙に朱がたくさん入っていたのを覚えています。荒家さん、“仕事柄こういった資料がどんどんたまるので、普段はある程度たまると捨てちゃうんですが、手塚さんのこの原稿コピーだけは捨てられません”とおっしゃっていたのが印象に残っています。

 同様にテレビアニメ「青いブリンク」も、最晩年の作品ですね。本書には「青いブリンク」のキャラクタースケッチも掲載しました。なかには初公開のものも複数含まれています。
 前巻『手塚治虫シナリオ集成1970-1980』もそうですが、漫画作品の執筆と並行して、こういった作品を数多く残されているのが驚異です。生涯を通じて、アイデアの泉が全く枯れなかったという、手塚先生のすごさを実感しますね。

手塚がこだわり続けた「ファウスト」「火の鳥」

———「ネオ・ファウスト」はマンガにもなっていますよね?

濱田 〈朝日ジャーナル〉に連載された「ネオ・ファウスト」ですね。先ほど話した本書収録のシナリオは、その数年前に書かれたもので、設定なども違っています。手塚先生は、その生涯においてゲーテの「ファウスト」を基にした漫画を3作品描かれていて、最初が児童向けの赤本漫画「ファウスト」で、これが1950年。その後1971年には、舞台を日本の戦国時代に置き換えて翻案した「百物語」を描き、最後が1988年に連載を開始し、絶筆となった「ネオ・ファウスト」です。本書に収録したのは、そのいずれとも異なりますが、このシナリオを発展させて描かれたのが漫画版の「ネオ・ファウスト」と云われています。手塚先生にとって、「ファウスト」の物語は、何度でも挑むべき魅力的な題材だったんですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。