体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フルモデルチェンジ後に、旧型の中古車がお得になる相場メカニズムを解析!

▲人気モデルがフルモデルチェンジすると、数ヵ月後に旧型の中古車流通量が急増。その結果、相場が下がりお買い得な中古車を見つけやすくなります!

▲人気モデルがフルモデルチェンジすると、数ヵ月後に旧型の中古車流通量が急増。その結果、相場が下がりお買い得な中古車を見つけやすくなります!

おいしい中古車を買いたいなら、相場が急落するタイミングを見逃すな!

サイクルは車種により大きく異なりますが、車は登場してから時間が経つと、新しいモデルに変わります。この変更を大きく分けると、プラットフォームや搭載エンジン、デザインなど、車自体が大きく変わるフルモデルチェンジと、デザインの一部や装備などが変わるマイナーチェンジの2種類があります(他に車両の一部に変更が施される一部改良もあり)。

フルモデルチェンジが施されると、それまで発売されていたモデルは“旧型車”という扱いになります。そして現行型から旧型に変わると、中古車相場は値下がり傾向になるのです。ここでフルモデルチェンジで旧型の中古車が安くなるメカニズムを解析してみましょう。

①新車ディーラーの展示車や試乗車が中古車市場に放出される

新車ディーラーではショールームの展示車両、試乗に使う車両が用意されています。フルモデルチェンジが行われるとこれらの入れ替えが行われ、これまで使っていた車両が中古車市場に出てきます。

ひとつのお店にある車の台数は多くても数台ですが、すべての新車ディーラーで入れ替えが行われるため、台数増加はかなりの量になります。展示車や試乗車は走行距離が少なく、またディーラーできちんと管理され必要な整備も受けているので、状態のいい中古車が多いのが特徴です。

②新型への買い替えによる下取りで中古車流通量が増える

新車ユーザーには、フルモデルチェンジが行われると新しいモデルに乗り替える人がかなりいます。とくにフルモデルチェンジ直後は新型車に乗り替える人が集中。そしてこれまで乗っていた車(旧型車)は下取りされるため、フルモデルチェンジ後は旧型の中古車台数が増加します。

③レンタカーの入れ替えが行われる

みなさんご存じのとおり、レンタカーは時間単位で車をレンタルするシステムです。必要なときだけ車を使えるので車をもっていない人も多く利用しますが、メーカーの立場から見るとレンタカーは宣伝の一つにもなっています。利用した人がその車を気に入り、新車購入を考えたときに候補に入れてもらおうという狙いですね。

そのため、とくにメーカー系のレンタカー会社ではフルモデルチェンジが行われると順次車両の入れ替えが行われ、これまで使われていた車は中古車として市場に放出されます。

④現行型に乗りたい人が注目しなくなる

車種はもちろん、価格や年式、走行距離など、中古車探しは人により様々な条件があります。そして“現行型”を条件に中古車を探している人も一定数います。この場合、フルモデルチェンジすると条件から外れるため、注目度は現行型だったときよりも下がってしまうのです。

相場は需要と供給のバランスで決まるというのは世の常。中古車だって例外ではありません。流通量(供給)が増えるのに注目度は現行型だった頃より下がるため、必然的に中古車相場は下がるわけです。中には平均価格が上昇するモデルもありますが、これは上にあるメカニズムの①が顕著に現れ、高年式低走行の中古車が急激に増えたから。平均価格という見た目の数字は上がっていても、お得な中古車は確実に増えていますよ。ここで、フルモデルチェンジが過ぎ、がぜんおいしくなっている中古車を紹介しましょう。

スバル インプレッサスポーツ(初代)

平均価格上昇の波が落ち着き、急激に値落ち

▲室内の広さや水平対向エンジンならではのスポーツ性など、他のモデルとは一線を画すインプレッサスポーツ。排気量は1.6Lと2L。2015年6月には、ハイブリッドモデルも追加されました

▲室内の広さや水平対向エンジンならではのスポーツ性など、他のモデルとは一線を画すインプレッサスポーツ。排気量は1.6Lと2L。2015年6月には、ハイブリッドモデルも追加されました

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。