体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google AlloのGoogleアシスタントは検索履歴などの個人情報を外部に漏らす

Google のチャットアプリ「Allo」内で使用できる Google アシスタントがチャット中にユーザーから許可を得ることなく Google の検索履歴をチャット相手に見せてしまうことが分かりました。通常、Google の検索履歴は自分しか見れませんが、Allo ではチャット中に Google アシスタントを呼び出して質問することができます。これは仕様なので Google アシスタントの機能と言えますが、公開されたくない履歴情報が外部に公開されるので、見方によってはプライバシー問題と言えます。このことを伝えた Recode のライター Tess Townsend 氏は、彼女が友人と Allo でチャットしている際に、友人がアシスタントに対して自己紹介を求めた際に Google アシスタントは Pottermore というハリー・ポッターのファンサイトのリンクを含む検索結果を返ししました。これは、その友達が数日前にアクセスしたサイトの一つだったことが分かりました。つまり、検索履歴が第三者に見られるということです。Google アシスタントは AI によって賢く動作するので、ある意味これは仕方のないことだと言えますが、どういう質問をした場合に、どのような個人情報を表示するかが全く予測できないので注意のしようがありません。これが問題だと思います。Source : Recode

■関連記事
OnePlus、オールブラックの「OnePlus 3T Colette Edition」を発表
エイベックス、「スマプラVR」のAndroidアプリをリリース
Android 7.1.1のNexus 6にAndroid 7.0へのアップデートが配信されてしまう

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。