体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オラの田舎じゃ「とろろご飯」でごちそうシーズンをシメるのだ

f:id:Meshi2_IB:20170108204659j:plain

筆者の郷里は東北の田舎なのです。そこでは正月だの新年会だの、飲み食いが激しいシーズンの終わりに「とろろご飯」で胃を休めるという習慣がありました。みなさんの田舎ではどうでしたか。

いろんな作り方がある「とろろご飯」ですが、私の郷里の場合はすりおろした山芋を味噌汁で割るのです。びっくりするくらい食べられます。びっくりしましょう。

材料

だし:こんぶ、ごぼう、魚介系の粉末だし みそ:だし汁100ccに対して10グラムの割合 とろろ芋:(長芋、山芋、大和芋、自然薯etc.)なんでもいいです ネギ:小口切りにして薬味にします

f:id:Meshi2_IB:20170108204629j:plain

こんぶ、ごぼうを煮てだしをとっています。沸騰させないのが重要だといいますね。魚介系粉末だしはあとで入れます。

f:id:Meshi2_IB:20170108204630j:plain

こんぶとごぼうを引き上げて、粉末だしを投入。本来はにぼしを使うのですが、手持ちのにぼしが無かったのです。とろろに混ぜるのでうま味成分は強めにとっておきたいです。

f:id:Meshi2_IB:20170108204631j:plain

みそをこします。だし汁100ccに対してみそ10グラムが目安。とろろと混ぜるので味噌汁的には「ちょいしょぱ」な配分になります。なめて思わず「うー、しょっぺ」と言ったらオッケーです。

f:id:Meshi2_IB:20170108204633j:plain

熱くて濃い味噌汁ができあがったわけですが、これを熱いままとろろに混ぜると芋が煮えてしまいますので人肌程度に冷まします。

冷ましている間にとろろをすりおろすのだ。

f:id:Meshi2_IB:20170108204634j:plain

いわゆるとろろ芋、山芋の種類はお好みで選んでください。写真は上が長芋、下が大和芋です。長芋は手に入りやすく安価です。大和芋は粘りがすごい。最高級の山芋「自然薯」は入手を諦めました。食べてみたいものです。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。