体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

軍事利用されてきた自転車の歴史を辿ってみた。

軍事利用されてきた自転車の歴史を辿ってみた。
【自転車部隊、最初の創設】

自転車の軍事利用は時代を100年以上遡ります。

最初に導入されたのは1880年に勃発したボーア戦争です。

この戦争はイギリスがボーア人が建国したトランスヴァール共和国を併合しようとした際起きた戦争で、

この時初めて自転車部隊が双方の軍に導入されました。

つまり自転車の軍事利用が始まって130年、ツール・ド・フランスや市民の足として広がって使われていた頃よりも長い歴史をもっています。

【自転車の軍事利用における利点】

馬と違い食費がかからず、故障しても修理して利用することが出来るという点は当時車も戦車も少ない時代には驚くべきコストパフォーマンスでした。

また戦車では入ることが出来ないジャングルでも通ることが出来、川では担いで渡る事も出来ますし、乗馬ほど訓練を必要としないという点で軍への普及しやすさもあります。

さらにさらに、車と違いエンジン音がしないため隠密性に優れ、特殊任務に重宝されていました。

歩兵よりも当然速く移動できるため、この機動力を軍事利用しない手は当然ありません。

積載性能もあるため、なんと大砲や機関銃を搭載した自転車も作られています。

軍事利用されてきた自転車の歴史を辿ってみた。

第2次世界大戦ではイギリス軍やドイツ軍が導入した折りたたみ自転車が存在します。

戦争になんで折りたたみ? と思うかもしれませんが、なんとパラシュートで降下しすぐに組み立て移動するという機動性を重視したものでした。

軍事利用されてきた自転車の歴史を辿ってみた。

この発想は今でも採用されており、アメリカ軍では今も自転車部隊が存在します。

その為に米MONTAGUE社はParatrooperという自転車を開発しましたが、なんと7万円で市販されていたりします。

軍事利用されてきた自転車の歴史を辿ってみた。

ここまできたら悪い所無くね? 自転車部隊最強すぎるじゃん。

ところがどっこい当然弱点があります。  

まず長距離を走るので兵士が著しく疲弊する。

装甲が無い為基本生身をむき出し状態なので防御力0という点です。

その為車の製造コストが下がってからは縮小傾向にあり、国によっては消滅した所も多くあります。

【日本で活躍した銀輪部隊】

海外だけでなくもちろん日本にも存在しました。

それが銀輪部隊です。

1941年にマレー半島の北端に奇襲上陸した日本軍とイギリス軍との戦いが始まります。

わずか55日間1100キロも進撃しなんと南端の町までたどり着きイギリス軍を撃退。

歴史上最高の戦果を挙げるのですが、この作戦の立役者こそこの銀輪部隊です。

当時現地には日本製の自転車が輸出されていた為、現地で徴発し部隊を編成しました。

つまり即興の部隊だったのです。

ですが現地には自転車は多くあったので故障しても部品の調達も容易であり、さらにパンクしてもゴムの木の樹液をパンク箇所の裏側から塗ることでパンク修理が出来るという驚きのメリットが機動性を大幅に上げ、橋を落としながら敗走するイギリス軍を追い詰めるのに大活躍し、当時の新聞でもその活躍は取り上げられたほどです。

銀輪部隊という名前は当時の新聞で名づけられたそうです。

また同年にフィリピンの戦いでも同様に徴発した自転車で編成された銀輪部隊の活躍をしています。

軍事利用されてきた自転車の歴史を辿ってみた。

【今でも存在する自転車部隊】

1 2次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。