ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【今週公開のコワイ映画】2017/3/11号:ナ・ホンジン監督最新作『哭声/コクソン』[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
コクソン

今週公開の怖い映画をご紹介します。

今週は、クライム・サスペンス『哀しき獣』『チェイサー』で観客の度肝を抜いたナ・ホンジン監督の最新作『哭声/コクソン』が遂に公開。いつの間にか村にやってきたよそ者――彼が現れてから相次ぐ、村人が自身の家族を惨殺する事件……。韓国映画でありながら、怪しいよそ者を演じるのは日本の名俳優・國村隼。韓国の映画賞“青龍映画賞”で外国人初の二冠を獲得したことでも話題となっております。ホラー通信ではナ・ホンジン監督と國村隼さんのダブルインタビューを公開しておりますよ。こちらも是非チェックを。

記事:怪奇スリラー『哭声/コクソン』ナ・ホンジン&國村隼インタビュー「“人間の誰もが知っている恐怖”を作りたかった[リンク]

そして、新宿シネマートではこの公開を記念したナ・ホンジンオールナイトが3/18に開催されるようです。詳しくはこちら。[リンク]楽しそうですなあ!

それでは今週も行ってらっしゃい!

『哭声/コクソン』 3月11日公開

<ストーリー>
平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男についての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングが娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像てきない結末へと走り出す―

この作品の記事:怪奇スリラー『哭声/コクソン』ナ・ホンジン&國村隼インタビュー「“人間の誰もが知っている恐怖”を作りたかった」

予告編が表示されない方はホラー通信の記事をご覧ください

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。