ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ショーン・レノン、故キャリー・フィッシャーと共作したバラードを公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ショーン・レノン、故キャリー・フィッシャーと共作したバラードを公開

 先週末、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの息子のショーン・レノンが、2016年12月に死去した女優のキャリー・フィッシャーと共作した新曲「バード・ソング」を発表した。

 自身のSoundcloudのページに掲載された声明には、この曲はフィッシャーが亡くなった後にレコーディングされたと書かれている。「彼女が亡くなった時、これを録音しなければならないと強く感じた」とレノンは明かしている。そして、「彼女が一緒に書いてくれた歌詞が素晴らしいと思うんだ。キャリーと僕は朝まで起きておしゃべりしたり、人生について偉そうに話したりしたものだった」と友人との思い出を振り返った。

 “夜更かしし過ぎることと鳥のさえずりを聞くこと”を歌ったというこのピアノ・バラードには、レノンが“prodigal angel”(才能豊かな天使)と形容する、ウィル・スミスの娘ウィロー・スミスがボーカルで参加している。公開されたヴァージョンはミキシングされていないデモで、ほんの数時間でレコーディングされたものだという。

◎「バード・ソング」音源
https://soundcloud.com/sean-lennon-5/bird-song_r2

関連記事リンク(外部サイト)

キャリー・フィッシャーが60歳で死去、『スター・ウォーズ』共演者たちが追悼
ポール・サイモン、元妻キャリー・フィッシャーを追悼
女優・歌手のデビー・レイノルズが84歳で急逝、娘キャリー・フィッシャー死去の翌日に逝く

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。