体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“脱原発テント村”退去期限迫る! 経産省前からニコ生放送中

緊張感が高まる経産省前テント村「テントひろば」の模様

 脱原発を訴える市民団体らが、経産省敷地内の一角にテントを張り、座り込みの抗議活動を130日以上にわたって続けている件で、枝野幸男経産相は2012年1月24日、退去命令書をテント村に送付した。経産省側は、火気に関しての危険性などを理由に退去を求めているが、テント村側は応じない構えだ。退去期限は1月27日17時となっており、経産省前では緊張感が高まっている。

 テント村「テントひろば」は、原発の再稼動中止を求める市民団体らが、昨年9月11日に行われた「人間の鎖」という経産省付近を囲む抗議活動の中で、テントを張ったことがきっかけとなり始まった。テントを張り、座り込んでの抗議活動を130日以上に渡って続けている。今では、脱原発を訴える人らが集まり、署名集めや情報交換を行うなど、活動拠点の一つとなっている。

 ニコニコ生放送では、27日17時に迫った退去期限を前に緊張感が高まるテント村の模様を、生放送中だ。

経産省 反原発市民団体のテントに対して撤去命令!期限の瞬間を生中継

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]経産省 反原発市民団体のテントに対して撤去命令!期限の瞬間を生中継 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv79224110?po=news&ref=news

(寺家将太)

【関連記事】
SUGIZO、脱原発世界会議に登壇「自然エネルギーで生活できる」
原発の話をしたら友人から”特別扱い” 若者に広がる問題意識の温度差
福島県民は健康被害を受けない!? 札幌医科大・高田教授が語る放射能のリスク
文科省SPEEDI拡散予測の住民への公表遅れ 藤村長官「事実関係違うところがある」
原発事故「最後の仕事として追究して」 山本太郎×田原総一朗 対談全文

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。