体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「噂でバレるよりは正直に…」ハッピー感の乏しい結婚、京の妻に送った浮気を白状する手紙~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

なぜ?夢の実現が近づくと不安になる心理

源氏と明石の君の文通が続いて半年ほど。すっかり秋になり、源氏は独り暮らしの寂しさに耐えられなくなってきました。「目立たぬように、こちらに来てはもらえないか」。本来なら男が女のもとに通うスタイルですが、源氏としては田舎娘のもとにノコノコ通うなど、ありえないと思います。

明石の君は「関係を持てば、愛人扱いになるのは自明。両親も今は期待してるけど、もし私が捨てられたらとても悲しむだろう。あの方はいずれここを去っていく。ちらっとお顔も見られたし、素晴らしい琴の音色も聴かせて頂いたわ。私はただ、お手紙をやり取りするだけでいい…」。源氏の相手になる気持ちはありません。

あれだけ結婚結婚とうるさかった入道も、「もし、娘を気に入らなかったらどうしよう。どんな立派な方でも、娘を愛してくれないとなれば恨めしいだろうなあ。神仏を信じてここまでこぎつけたが、当人たちのことはわからない…」。妻と2人で心配し、二の足を踏んでいます。

夢が叶いそうな時、人間はなぜか不安になるらしい。遠くにあるときは待ち遠しかったのに、手が届きそうだとわかった時から、迷ったり悩んだりが始まります。現実になれば、夢見た以上の辛いことや悲しいことも待っている。明石の君と両親のためらい、なかなか辛いところです。

源氏はかえって積極的になり、入道にも「秋のうちに、お嬢さんの素晴らしい琴の音を聞きたいものだ。前から気になっていたのでね」などとこぼすようになっていました。

「心の準備が…」いきなりの初夜は意地の張り合い

自分が乞うて連れてきた源氏の申し出を、入道はこれ以上引き伸ばせません。腹をくくって、結婚の吉日を選び、まだ迷っている妻を無視して、独断で結婚の準備を進めます。

十三夜の月が明るく差す頃、入道から「今夜娘とお過ごしください」という意味合いの手紙。源氏は「ずいぶん風流ぶってるなあ」と思いつつ、おめかしをして、夜更けを待って娘の待つ山側の家に出かけました。人目を気にして牛車ではなく馬で、惟光をお供に連れただけ。

月夜の海はロマンティックで、源氏は紫の上がここにいてくれたらどんなに良いだろう、このまま馬で京まで走っていきたい、と独り言がこぼれます。

山側の邸は閑静な林の中にありました。源氏の暮らす海辺の家のような華やかさはなく、若い女性が住む家としては寂しすぎるほどです。入道が勤行するお堂の鐘の音や、松を渡る風の音、秋の虫の音が響き渡ります。源氏は興味深く邸内をうろついたあと、娘のいる部屋の前にやってきました。

娘の部屋は特に綺麗にしてあり、戸が少しだけ明いていて、そこから月の光が差し込んでいます。源氏はためらいがち声をかけました。が、娘は今夜源氏が来るとも知らず、突然の訪れにびっくりし、心外だと言わんばかりのよそよそしい応対ぶりです。こういう時代なんだからしょうがないとは思いつつ、結婚するのは娘なんだから「せめて今夜だよ」ぐらい教えてほしい…。

この態度は源氏のシャクに触り、「高貴な姫君でも、私がきて声をかければもう少し嬉しそうにしたものなのに…。所詮は落ちぶれた人間とバカにしているのか」。今はただ人だが、この光源氏様が口説いているんだぞ!!みたいな上から目線ぶりも健在です。

そのうち、部屋の中でポロンと音がしました。「いま、音がしましたね。あなたはとても琴が上手とか。せめて少しだけでも聴かせてくれませんか」。几帳の紐が弦に触れて鳴ってしまっただけなのですが、源氏は鋭くとらえて畳みかけます。「睦言を言い合える人が欲しいのです、辛い憂世の夢も覚めるかと思いまして…」。愛し合えば辛いことも忘れられるだろう、君がほしい!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。