ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ムッシュかまやつさん逝去 その栄光のミュージシャン人生

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ミュージシャンのムッシュかまやつさんが2017年3月1日、都内の病院で亡くなっていたことがわかった。78歳だった。

かまやつさんは1939年生まれ。日本のジャズミュージシャンの草分けである父、ティーブ釜萢さんの影響もあり学生時代から音楽活動をスタート。1960年にシングル『殺し屋のテーマ』でデビューし、当時のロカビリーブームの寵児となった。

1960年代半ばからはザ・スパイダースの一員として『あの時君は若かった』『バン・バン・バン』などヒット曲を連発してグループサウンズブームを牽引。スパイダースが解散した1970年以降も『どうにかなるさ』、吉田拓郎とのデュエット『シンシア』をヒットさせフォークブームに一石を投じた。

かまやつさんの功績の最もたるのは先見性のある音楽センスで1950年代から1970年代のめまぐるしく変化するシーンをリードしたことだが、プロデューサーとして荒井由実(現・松任谷由実)レイジーLOUDNESS高崎晃など在籍)など数々のアーティストが世に出るきっかけを作ったことも外しがたい。

亡くなったことは大変残念だが、最晩年まで第一線で活躍し、ファンや仲間たちに愛され続けたのはミュージシャンとしては幸せな最期だったと言えるかも知れない。

ご冥福をお祈りする。

※画像は『ケイダッシュ公式WEBサイト』から引用しました

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。