ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ホラーゲーム『コープスパーティー』キャラ等の3Dモデルが配信開始 SMILE GAME BUILDER向けの素材集

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

株式会社スマイルブームは、プログラミング不要の3DRPG制作ツール「SMILE GAME BUILDER」の追加コンテンツとして、フリーホラーゲームから始まり様々なメディアミックスが行われてきた人気ホラーゲーム『コープスパーティー』の3Dキャラクターモデルの配信を開始した。現在、PC向けゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて配信中、価格は1980円となっている。

本コンテンツは、購入及び利用するためには「SMILE GAME BUILDER」本体が必要。利用規約として、本商品に含まれるキャラクターデータを利用して、コープスパーティーの二次創作ゲームを制作し、無償で配布する場合に限り、原作者であるチームグリグリ、及びスマイルブーム社の許可は不要となっている。

セット内容は、『コープスパーティー』の舞台となる天神小学校旧校舎内のマップ用3Dモデル(3Dオブジェクト60種類、3D地形19種類)、及び同作メインキャラクター6人の3Dモデルだ。

マップ用3Dモデルではコープスパーティーでおなじみの人体標本やトイレ、木製の机や黒板、ロッカーやピアノなど、廃墟と化した小学校の異様さを引き立てるアイテムを中心に、不気味さを演出できるさまざまな3Dオブジェクトが存在。3D地形は、物語の舞台となる、廃墟となった小学校を再現するための壊れた板張りの床、ガラス窓の壁などが収録されている。

game_2
 
game_1
 
satoshi
 
naomi
 
yoshiki-2
 
ayumi
 
yuka
 
sachiko
 
今回の『コープスパーティー』モデルの配信に合わせて、ホラー・サスペンス系ゲームの制作に適したサウンドコンテンツも配信となっている。こちらはホラーシーンにマッチする音楽・効果音合わせて114曲が収録されている。

なお、もぐらゲームスでは現在、『ニュー・スーパーフックガール』、『虚白ノ夢』、『箱庭セレナータ』などを手がける3名のフリーゲーム作者による「SMILE GAME BUILDER」制作実演連載も実施中だ。ゲーム制作に興味のある方は、こちらもぜひお読みいただきたい。連載第一作目の『スーパーフックガール外伝』は3月11日に、プレイヤーが実際に遊べる形で配信予定だ。

連載トップ:
フリーゲーム作者による「SMILE GAME BUILDER」制作実演連載が開始 完成作はダウンロードして遊べる!

「スーパーフックガール外伝 -for Smile Giving Birthday- 紹介映像」を公開しました!また、ゲーム配信予定日が3/11に決定いたしました! #スーパーフックガール外伝https://t.co/XsyAJXQwpJ pic.twitter.com/OofJ9WeoIb

— スーパーフックガール公式 (@SHG_jp) 2017年2月25日

関連記事:

フリーゲームをブラウザで遊べる「PLiCy」登録作品数が1万を突破、RPG製作ツール「GAME DESIGNER WORLD」開発も発表
ゲーム制作用ドット絵マップ素材「行き過ぎた素行により伝説の勇者が呼び出された元老院の間」が公開
『シャンティ』開発元のパズルホラーゲーム『LIT』 PC版がSteamにて販売開始

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。