体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【テレビ全録派鼎談】その2:“テレビ離れ”は進んだ? 番組の質を上げるには

【テレビ全録派鼎談】その2:“テレビ離れ”は進んだ? 番組の質を上げるには

『SPIDER』を開発するPTPの創業メンバーの1人である竹中氏、ワンセグ放送を24時間全局録画するシステム『24時間ワンセグ野郎』の開発者で、ガジェット通信でもおなじみ『MobileHackerz』のMIRO氏、PTPの代表取締役社長の有吉昌康氏の3名による、全局を同時録画する“テレビ全録派”の鼎談(ていだん)企画。全録の概念は浸透しているのかどうか、主にハード面から現状を分析した第1回に続き、第2回はテレビで再生するソフトの話題に。全録時代のテレビはどうあるべきなのでしょうか。

聞き手:ガジェット通信 宮原俊介(shnsk)

第1回はこちら
http://getnews.jp/archives/164182[リンク]

テレビは情報弱者のメディア?

宮原:2008年の竹中さんとMIROさんの対談では、テレビを積極的に楽しもうという人が全録環境に流れていって、情報弱者と呼ばれる人たちは従来どおりのテレビの視聴のやり方にしがみついている。結果として2011年もテレビ離れは進まない、という予測がありました。2011年夏のアナログ停波では、翌日から電器店にチューナーを買い求めにいく人が出たりとか、コールセンターに凄い電話がかかってきたりとか、やっぱり大混乱が起こったわけですよね。こういう現象があるからテレビは情報弱者と言われる人たちのメディアということになるんでしょうか。今の時点で。

竹中:全員だったわけですよ、昔は。どんどんアンテナの高い人は他の選択肢ができたので、そっちも見るようになって、そうなった結果、相対的にテレビというのは視聴者にある基準をおいて、その基準で番組が作られていることに気がつくわけですよね。そうじゃない番組ももちろんありますよ。民放でもNHKでもどっちでも、そういうクオリティが高いものもあるんですけど。そういうことに気がついたので、クオリティ高いものを選んで見るようになったわけですね。

そういうことに気づけない人たちは当然、何万人ものコールセンターに電話をかけるような人の中に入ってしまいますよね。当然の帰結だと思いますよ。だから、『SPIDER』があってもね、『SPIDER』が突然規格が変わって、ある日ハードウェアを変えなきゃいけません、みたいなことが仮にあったとしたら、『SPIDER』を持っているようなユーザーでもコールセンターにギリギリになって電話かけてくる人はいますよね。

有吉:それは、人間の性(さが)だと思いますよ。人間は何事もギリギリまでやらないんだというのはよく分かると思います。だから、ちょっとそこと情報弱者みたいな話とは少し切り離さなきゃいけないんじゃないですかね。

リテラシーが高い人も「テレビが好き」

有吉:選択肢がある人とない人と竹中さんはおっしゃった。選択肢がある人で凄くITリテラシーの高い人、メディアリテラシーが高い人が、他のメディアも見ながら「テレビも好きだ」という人もいるんです。そこは二者択一ではないんですね。ラジオボタンではなくて、どっちかにつければどっちかがなくなるんではなくて、そういう人たちは凄くテレビを選りすぐってみている、ということだと思うんですよね。そこはちょっと慎重に議論しなきゃいけない。

竹中:慎重に議論しなきゃいけないのは当然なんですけど、僕ら世代だとテレビに重力を感じませんか? 引力。テレビがついてると、こうやって見ちゃうじゃないですか。子供たちはどうかわからないんですけど、僕らはまだテレビに引力を感じて、テレビというものであるがゆえに注目してしまう。という性質を教育、刷り込みをされてるような気がするんですね。

今はせっかくその力がまだ働いてるときなので、そこは放送局にせよインターネット側にせよ、うまく使わないとせっかくのチャンスが水の泡になるような気がしますね。そこは『SPIDER』ではうまく利用してほしいなあと思います。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。