体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小池美由さんインタビュー「“オタク”が良いものとしてアピール出来るとんでもない時代になった!」

2014年に放送された『ゴッドタン』の「このアイドル知ってんのか!?2014」にて紹介され、とにかく苦労している、友達がいない、タメ口など個性的なキャラクターで大ブレイクした小池美由さん。2年ぶりのCDリリースとなった『恋する二人』は、ロックバンドOKAMOTO’Sのオカモトコウキ作詞・作曲によるメロウで王道なアイドルソングとなっています。

久しぶりの音楽活動について「ついにやらなくちゃいけない時が来た」と笑いながらも、本格的なボーカルレッスンや衣装への想いなど、アイドルらしいこだわりを見せてくれた小池さん。「アニメイトに行くと言って親に心配された」など、“オタ女”な一面についても色々とお話を伺ってきました。

―『恋する二人は』は、小池さん久しぶりの楽曲リリースとなりましたが、決定した時はどんなお気持ちでしたか?

小池:ついにやらなくちゃいけない時が来たな……、と重い腰をあげた感じですね。「アイドル」って名乗ってるからには、ちゃんとCDリリースをしなくてはいけない。「アイドル」という名前を維持する為にはやらなくてはいけないな、と(笑)。

―その久しぶりのリリースとなる楽曲がOKAMOTO’Sのオカモトコウキさんの作詞・作曲・プロデュースという事で、意外な組み合わせというか、すごく面白いなって。以前からOKAMOTO’Sはご存知でしたか?

小池:それが小池、曲を聴いたら「あっ、これがOKAMOTO’Sだったの?!」ってすぐ分かったんだけど、それまではバンド名と曲がちゃんと結びついてなくて。

こうやって誰かにプロデュースしてもらう事は初めてで、コウキ君が作詞も「こうした方が小池っぽいよ」ってアドバイスしてくれたり(カップリング『ひとりごと』にて小池さん本人が作詞)、曲も色々考えて作ってくださって。アイドルって、曲が一番という方もいるけど、やっぱり曲以外の事が重視される世界だなと思ってて。でも今回は曲作りにすごく力を入れてくれたので、すごく気に入っています。

―こう歌って欲しい、という要望はあったんですか?

小池:そういうのはあまり無かったですね。小池、今回初めてくらいに歌の練習をしたんですよ! これまでは「ぶっつけ本番GO!」みたいな、アハハ(笑)。今回は先生にしっかり教えてもらって、『恋する二人は』は出来たばっかりの曲だけど、これまでで一番多く歌ってる曲なんです。

―初めて練習したとは意外でした! これまでのライブ映像とか拝見して、素敵だと思っていたので。

小池:いや〜もう、先生が聞いたらチッて舌打ちですよ! いや、先生そんな人じゃないんですけどね(笑)。

―先生に教わって、改めて気付いた部分はどんな事ですか?

小池:これまで聴いた自分の歌って、CDに仕上がってからだったんですよ。ちゃんと完成した状態の。今回はiPhoneに吹き込んだ歌を聴いたりしていたので「うわ、とんでもねえな!」って思って。歌をちゃんと習わずになんとなくやってきたんだなって気付いたのは、結構歌うって疲れるんだなって事。これまではなんとなくやってきたから、汗かかなかったんだなって。

―じゃあ今回は汗いっぱいかいて?

小池:そうですね! アハハ。あと飲み物もお茶と乳製品両方を用意した方が良いだとか、それまで全然知らなかった事ばかりだったので。喉が乾燥するので、お茶でうがいして、その後に喉に膜をはる為にミルクティーだったり乳製品を飲むと良いと。冷たい飲み物を飲むよりも常温が良いとか、そういう事も知らずにこれまでは冷たい水ガンガン飲んでたから!

―小池さんはインディーズ活動を経て、今こうしてメジャーレーベルに所属しているわけですが、一番何が違うって思いますか?

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。