体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本一の空港だって知ってた? 羽田空港の無料見学ツアーに参加してみた

haneda01

東京大田区にある羽田空港(東京国際空港)は、2010年に国際線ターミナルビルが完成して以来、世界に開かれた玄関口としての機能も強化され、今や面積・利用客数とも日本一の空港となっています。その羽田空港で毎月、無料の見学ツアーが行われていることをご存知でしょうか。地元の大田・品川まちめぐりガイドの会が主催しているこのツアーは誰でも無料で参加でき、知識豊富なガイドさんの案内を交えながら1時間ほどかけて国際線ターミナルを見て回ることができます。

新しい国際線ターミナルを巡る小一時間のツアー

haneda02

2010年に開業した国際線ターミナルビルは2階が到着ロビー、3階が出発ロビー、4階が飲食店、5階は展望デッキを中心としたフロア構成となっています。ツアー待ち合わせ場所は5階のお祭り広場。展望デッキへ向かうエスカレーター付近でチラシを配っているので気付きやすいと思います。

haneda04

展望デッキへの途中には子供向けのフライトシミュレータが。座席が動く体感型もあり、1プレイ200円~300円。最上級コースをクリアできたらレインボーブリッジだってくぐれるゾ?

SONY DSC


SONY DSC


SONY DSC


海ほたるからスカイツリー、東京タワーまでを一望できる展望デッキへ。A~D、4本の滑走路が、高さ115メートル、世界で4番目に高い管制塔を取り囲むように井形に走っています。井形の滑走路を持つ空港は世界的にも珍しいそうです。海を埋め立てて作られたD滑走路は多摩川の流れを妨げないよう、一部が桟橋式になっているのだとか。ツアーではこのような豆知識も教えてくれます。展望台ではタッチ式の案内パネルで目の前の施設、機体や車両の説明を見ることもできます。

haneda08

突然ですがここで航空会社のロゴクイズ! 全部わかるかな? 左上から、エバー航空、キャセイパシフィック航空、上海航空、アシアナ航空、チャイナエアライン、中国東方航空、ルフトハンザドイツ航空、中国国際航空、そして右下がソラシドエアでした。国内線が8割なので成田ほどの多様さはありませんが、最近はLCCも増えてきました。羽田空港には現在39社が就航し、1日に1100~1200もの便が離発着しています。年間利用客数は国内線と合わせおよそ7500万人で、これは世界第5位となっています。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会